フジテレビ月9ドラマ「SUITS(スーツ)」あらすじ、ストーリー、見どころまとめ

スポンサードリンク

フジテレビ月9ドラマ「SUITS(スーツ)」のあらすじ、見どころなどをまとめます。

「SUITS(スーツ)」はアメリカのメガヒットドラマ「SUITS」が原作となっています。

あらすじ、ストーリーは?

エリート傲慢弁護士・甲斐正午が主役

日本四大弁護士事務所のひとつ「幸村・上杉法律事務所」に所属している甲斐正午(織田裕二)は、東大入学後にハーバード大学に留学した超エリート。企業の買収や企業間の戦略的提携など「金になる仕事」を次々と受け持ち、自他共にその実力を認める敏腕弁護士です。

勝利至上主義である甲斐は、クライアントの勝利のためであれば違法行為スレスレの行為も平然と行い、感情論に惑わされない冷静な論理展開を貫き、次々に依頼人に勝利をもたらしています。

物語は、自信のあまり傲慢さが止まらない甲斐を心配した所長の幸村チカ(鈴木保奈美)が、彼の「シニアパートナー」(出資者としての地位を持ち、事務所経営にも参画する弁護士)昇格の条件として、「アソシエイト」(パートナーとなって働く若手弁護士)を雇うよう命じるところから始まります。

フリーター・鈴木大貴との出会い

気乗りしないままアソシエイトの面接会を開催する甲斐でしたが、「デキる男」である甲斐からすれば、面接に来る秀才たちは平々凡々としていて、一緒に働きたいような人材ではありません。

そんな折に面接会場に紛れ込んできたのが、頭脳明晰、完全記憶能力を持つ天才ながら、裏稼業に手を染めつつフリーター生活を送っていた青年・鈴木大貴(中島裕翔)でした。

大貴は幼い頃に両親を亡くし、祖母に育てられた身。祖母の家計を助けようと中学時代からアルバイトに出ますが、そこで知り合った悪友・谷元遊星(磯村勇斗)にそそのかされ、不良の道へと誘い込まれています。

高校時代、担任の助言により「司法予備試験」を受験して最年少合格を果たした大貴でしたが、本番の司法試験に挑戦する前に悪友・遊星にそそのかされて「替え玉受験」に手を染めてしまいます。この不正が発覚したことで大貴は高校を退学処分となり、司法試験の受験もお流れに。

以降、大貴は自立のために就職しますが長続きはせず、悪友の言われるままに裏稼業に手を染め続ける日々を送っていました。

資格を持たない大貴を採用する甲斐

「天才的頭脳」を持つもの同士、わかり合うものがあるのでしょう。

甲斐は面接会場に紛れ込んできた大貴を気に入り、大貴が弁護士資格を持たないにも関わらず、自らのパートナーとして採用してしまいます。甲斐は大貴が無資格であることを周囲に隠したまま、自らが抱える案件に大貴を携わらせ、二人は次第に「名コンビ」になっていくのです。

採用当時、大貴は祖母が大けがをしたことで大金が必要でした。偶然にも甲斐と出会ったことで危険な裏稼業から足を洗い、自らの頭脳を生かせる弁護士という有望な職業にありつけたわけですが、なにぶん無資格の身。おまけに悪友・遊星との関係も断ち切れないままで、爆弾を抱えたまま新人弁護士として修行の日々を送ることになります。

見どころは?

実現まで7年 満を持してドラマ化

日本版ドラマ「SUITS(スーツ)」のディレクターは、原作ドラマ「SUITS」の第1シリーズ(2011年)を見た際に感激し、すぐに日本でドラマ化したいと考えたそうです。

しかし、相手は権利関係に厳しいアメリカのエンタメ界。日本でリメイクできる環境が整うまでに7年の時間を要し、その間、このアイディアを温め続けてきました。

織田裕二と鈴木保奈美ほか、絶妙な配役バランス

ドラマ放映開始前から大きな話題となったのが、伝説の月9ドラマ「東京ラブストーリー」(1991年)以来27年ぶりの共演となる織田裕二と鈴木保奈美の起用です。

この配役は単なる話題作りというだけではなく、織田裕二演じる傲慢弁護士・甲斐正午が「唯一頭が上がらない」相手として、鈴木保奈美演じる法律事務所の所長・幸村チカが君臨するという面白さがあります。

かつて「カンチ」と「リカ」として共演した二人の、画面映えの良さ、並んだ時の空気感や説得力はご存知のとおり。向かう所敵なしの甲斐正午と、それをコントロールする上司・幸村チカのやりとりが楽しみです。

また、原作版ドラマで登場するルイス・リット(リック・ホフマン)、レイチェル・ゼイン(メーガン・マークル)、ドナ・ポールセン(サラ・ラファティ)、トレヴァー・エヴァンス(トム・リピンスキー)といった魅力的で憎めないキャラクターたちを小手伸也、新木優子、玉井伽耶子、磯村勇斗らが演じ、個々の俳優が持つパワーと共に、絶妙のキャストバランスの妙が見られそうです。

フジテレビ月9ドラマ「SUITS(スーツ)」 各登場人物は原作版「SUITS」の誰がモデル?

ただの「法廷ドラマ」ではない

原作版「SUITS」では、各回に解決すべき訴訟事案、裁判が登場します。しかし法廷で争うようなシーンは少なく、どちらかというとその裁判に向かうまでの事務所内のメンバーのやり取りや、クライアントとの事前準備、新人弁護士の修行の様子など、弁護士事務所の日々の様子が描かれていきます。

よくある「1話完結」(事件が解決してめでたしめでたし)形式の法廷ドラマではなく、各話のネタがそれぞれの登場人物の心情とリンクし、細かい人間模様、人間ドラマが描かれていきます。

日本版「SUITS(スーツ)」でもこうしたスタイルはしっかりと踏襲され、ストーリーを通して登場人物たちがより身近に、感情移入できる存在となっていきそうです。

▷[PR] 月9ドラマ「SUITS」過去の見逃し回は【フジテレビオンデマンド】で配信されます。今なら1ヶ月間の無料お試し期間があります。



▷2018年10月現在、Amazon Prime(30日間無料)や、日本最大級の動画配信サービスU-NEXT(31日間無料)にて米国版「SUITS」シーズン1〜6までの字幕版、吹き替え版が見放題で配信されています。

関連記事
フジテレビ月9ドラマ「SUITS(スーツ)」放送時間、再放送、見逃し視聴方法などまとめ
フジテレビ月9「SUITS(スーツ)」悪友・谷元遊星 演じる俳優は磯村勇斗
フジテレビ月9ドラマ「SUITS(スーツ)」女優・今田美桜が悪友の妹・谷元砂里を演じる
フジテレビ月9「SUITS(スーツ)」弁護士・蟹江貢 演じる俳優は小手伸也

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑