タモリ倶楽部オープニング曲『Short Shorts』歌詞、意外な有名バンドメンバー

スポンサードリンク

毎度お馴染み流浪の番組、タモリ倶楽部。金曜の夜という最もウキウキした時間に、脱力した空気を提供してくれる貴重な番組です。

そんなタモリ倶楽部のオープニング曲といえば、お尻フリフリダンスの画像が流れつつ、「フーウェイショーイショーイ♪」と歌い出すアレ。

このオープニング映像を真剣に見ている人は居ないとは思われますが(笑)、このバックに流れている曲が番組の主旨と同様実にくだらない歌詞なので、ご紹介します。

ザ・ロイヤル・ティーンズ 全米3位!

この曲は、アメリカのロックバンド、ザ・ロイヤル・ティーンズ(The Royal Teens)のヒット曲『Short Shorts』(ショートショーツ)。なんと1958年に全米チャートで3位に入ったという有名な逸品です。

『Short Shorts』の歌詞は?

問題の「くだらない」歌詞ですが、以下のような感じです。若い男女が楽しそうに、しかしながら毅然と、ショートショーツ(当時アメリカで流行していた短い下着)について歌っています。

男:Who wear short shorts? ショートショーツは誰がはくんだい?
女:We wear short shorts! ショートショーツはあたしたちがはくのよ!
男:They like short shorts!  おれたちゃショートショーツが大好きだぜ!
女:We like short shorts!  あたしたちショートショーツが大好きだわ!
(以下繰り返すw)

女性の掛け声はバンドマネージャー!

この気の抜けた男女の掛け合いが何ともクセになるのですが、実は女性側の掛け声は、当時バンドのマネージャーだった10代の女性2人によるものだとか。結果的にこの素人脱力感が曲に面白みを与えています。

豪華メンバー→アル・クーパー、ボブ・ゴーディオ

結局ザ・ロイヤル・ティーンズはこの『Short Shorts』しかヒット曲に恵まれなかったのですが、そのメンバーのうち、多くのアーティストに楽曲を提供しているアル・クーパー(当時は14歳前後の少年だった)、それに「ザ・フォー・シーズンズ」のプロデューサーであり偉大なソングライターでもあるボブ・ゴーディオは、その後大変有名になりました。

こうした歌詞やエピソードを知った上で例のお尻フリフリOP映像を見ると、よりタモリ倶楽部が好きになるかと思います。

関連記事
タモリ倶楽部をより楽しむためのタモリの名言集・語録
タモリ倶楽部「日本語曲をカバーする外国人アーティスト・バンド」特集
いいともで語った「寂しさ論」タモリの人生は名言の宝庫
「ブラタモリ・第4シリーズ」変更点はロケ地、桑子真帆アナ、草彅くん

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

軍師官兵衛 視聴率 地域文化 やすらぎの郷 天皇の料理番 タモリ倶楽部 朝ドラ ど根性ガエル 信長協奏曲 アイドル ナポレオンの村 マッサン 女優 俳優 NHK 花燃ゆ ヒストリア ひよっこ ドラマ 釣りバカ日誌 音楽 ブラタモリ ロケ地 サブカル 真田丸 下町ロケット 東京都北区赤羽 醸造 食文化 ごちそうさん 花子とアン まれ とと姉ちゃん あまちゃん あさが来た 映画 べっぴんさん 大阪 美女と男子 歴史
PAGE TOP ↑