タモリ倶楽部 ロマンスカーVSE乗車 ぁぃぁぃもすっかり電車クラブの一員

スポンサードリンク

11月29日深夜放送分の「タモリ倶楽部」は、お馴染み「タモリ電車クラブ」。厳しい(?)入部審査をパスした、お馴染みの電車マニアの面々が登場しました。電車企画はメンバーが本当に電車が好きなのが伝わってきて、とても楽しいですよね。

今回の企画は二週連続の小田急電鉄協力企画で、一週目は「小田急満喫ツアー 貸切ロマンスカーで新宿駅へ行こう」。成城学園前駅から「ロマンスカーVSE 50000形」の展望席に乗って新宿駅に向かうという、相変わらずのタモリ倶楽部らしい企画でした。

ちなみに小田急電鉄ホームページによれば、現在「MSE 60000形」という最新のロマンスカーもあるのですが、「VSE 50000形」のほうが電車心をくすぐるデザインではないかと思われます。

ロマンスカーVSE
Photo by: ysishikawa
▲「VSE 50000形」は2005年度グッドデザイン賞受賞。レトロ感と近未来感が見事に融合し、洗練されたデザイン。キャッチコピーは「ロマンスカーの伝統と魅力をモダンに昇華」(小田急電鉄HPより)。

ロマンスカー展望室に一同興奮 ぁぃぁぃも登場

早朝の成城学園前駅ホームでタモリ、ガダルカナル・タカ、六角精児、岸田繁(くるり)が待ち合わせ。やってきたロマンスカーに乗り込みます。車内ではすでに展望席を占領し興奮状態の南田裕介(ホリプロマネージャー)、吉川正洋(ダーリンハニー)と落ち合います。ベタな冒頭シーンです。

そして最後に車内販売員に扮して登場したのが廣田あいか(あいあい・私立恵比寿中学)。ここ最近「タモリ電車クラブ」の常連となりつつあり、その独特のキャラクターをタモさん始め男性陣もお気に入りの模様。若干14歳にしてタモリ倶楽部に馴染むアイドル。末恐ろしいです。

成城学園前から新宿までの束の間のロマンスカー旅を楽しむ一行。一般車両である8000形とのすれ違い、経堂駅通過で騒ぐ、世田谷代田付近で地下に入り喜ぶ、代々木上原駅でホーム駅員に敬礼、六角による「下北沢駅警備員のおっさんがうるさい」ネタ、「上下ホーム間が徒歩10分ほど離れている土合駅」ネタなど、相変わらずの盛り上がり。

駅員業務を高いレベルでこなすタモリ

新宿駅に到着後は、地上ホームにて駅員コスプレをし、駅員体験。ここで副駅長から発車する電車の監視業務を学ぶ一同。How toとして非常に有益(笑)なのでメモしておきます。手順は以下の通り。

1 黄色い線の内側に人がいないか確認(指差し)
2 旗をあげて車掌に合図 二回振る ドア閉まる
3 ドアが問題なく閉まっているか確認(指差し)
4 再び旗をあげて車掌に合図
5 発車
6 発車後の安全確認 「後部良し」(指差し)「出発良し」(指差し)「後方良し」(指差し)

この体験でもタモリはさすがの身のこなし。電車発車「手順5」途中あたりではしゃぐ一同を尻目に、最後の「後方良し」までを冷静に勤め上げます。やはりタモリは芸能界以外でも熟練の仕事人になれそうです。

その後、くるり岸田による特急券売り場体験(予約確認の数字打ち込みミスによりおばちゃんにコワい顔をされる)などが行われました。

次週は8000形回送電車に乗り込み、喜多見の車両基地へ。車掌業務体験や昨年引退となったロマンスカーRSEのラストラン乗車などが行われます。

関連記事
タモリ倶楽部(2014/1/10)東大地理部の立体日本地図が登場 まとめ
タモリ倶楽部に百田夏菜子が登場 ももクロのロゴに間違いが発覚 本当はカタバミだった
タモリ倶楽部「日本語曲をカバーする外国人アーティスト・バンド」特集
タモリ倶楽部「三田のガウディ」登場 セルフビルド達人の建築術とは
「笑っていいとも」終了 解放されたタモリの今後は「ブラタモリ」「タモリ倶楽部」系の趣味に突っ走る?
タモリ倶楽部をより楽しむためのタモリの名言集・語録

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑