タモリ倶楽部「この鉄道本がすごい in 書泉グランデ」3月21日放送分まとめ②

スポンサードリンク

※この記事は長いので二ページに分割しています。前記事:タモリ倶楽部「この鉄道本がすごい in 書泉グランデ」3月21日放送分まとめ① も合わせてご覧下さい。

3月21日放送の「タモリ倶楽部」は「視聴者持ち込み企画 この鉄道本がすごい in 書泉グランデ」。東京・神保町にある大型書店「書泉グランデ」6階・鉄道フロアの各コーナーの紹介が行なわれました。

鉄道旅行本コーナー

シリーズ別ではなく地域別に陳列、非オタ向けに「鉄分」薄めの旅行本も豊富に取り揃えるコーナー。また、トラベルミステリーも大充実し、西村京太郎本も。

絶版本等を扱うコアなコーナー

店内奥の本棚には、独自ルートで仕入れた絶版本が数多く眠る、最もコアな棚が。

☆『國鐵乗車券類歴史事典』(辻阪昭浩著 3,150円)残り35冊

昭和55年に2000部限定で販売。鉄道開業時の乗車券など、貴重なカラー写真が並ぶ。

☆『南米アンデスの鉄道 1972年の記録』(秋葉裕嗣著 3900円)残り20冊

世界中で大反響の写真集。アンデスいちの難所「悪魔の鼻」(最大勾配55%)など、貴重な写真を収録。

☆『SL – B全版マニアック』(藤田弘基著 5,000円)残り10冊

昭和49年発売、現在デッドストックの「世界一大きい写真集」。B全版の大迫力写真集で、見開き上下を利用したSL正面写真と煙の姿は圧巻。

海外本コーナー

現地で使用されている海外の時刻表等を販売するコーナー。多くが入手困難なもので、入手後即完売のものも。

☆『インド国鉄時刻表』(2,100円)

誰が買うの?と思わせて、一回目は20冊を完売。現在は再入荷している。

タモリ倶楽部・特別イベント①

番組特別イベントとして『究極の現役ナローゲージ鉄道』著者の岡本憲之先生の夢の(笑)サイン会を開催。

☆『究極の現役ナローゲージ鉄道』(岡本憲之 2,940円)

ナローゲージは工場内などで走っている場合が多く非公開の場合が多いが、それらを必要以上に細かく網羅。著者の岡本氏曰く「やりすぎた」。タモリ「ここまではいらないだろうというのもある」「(小岩井農場・馬車鉄道の)馬がエサ食っている写真は要らないんじゃない?笑」
岡本氏は、個人で機関車が欲しい人がいたら紹介する「車両ブローカー」の商売もしている本格派。

タモリ倶楽部・特別イベント②

海外時刻表輸入業者・清水さんのサイン会(笑)。生まれて初めてのサインがタモリという清水さんは自らのサインを「SHIMZU」と書いてしまう。

ゲストがお気に入り鉄道本を購入

番組収録後、ゲストがそれぞれ気になった本を購入しました。なお、書泉グランデ6階ではブックカバーを頼むと「時刻表柄デザイン」のカバーをかけてくれるようです。

▼六角精児
・『稀車両』(高橋政治士著 2,940円)
・『とれいんがあるず』(金塚実著 500円)

▼ヒャダイン
・『地下鉄のヒミツ70』1,700円
(グッズ)
・「メトロのはさみ銀座線」(700円)
・「日比谷線開業50周年記念 インフォボールペン」(400円)
・「P1Nゲージ千代田線16000系車両先頭車特別パッケージ」(2,500円)

▼市川紗椰
・『205の軌跡』(サークル「武蔵野運輸区」製作 1,365円?)
・『もっと空鉄 鳥瞰鉄道探訪記』(吉永陽一著 1,995円)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑