【とと姉ちゃん】大地真央が若すぎる!祖母・青柳滝子役がネット上で話題に

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」4月19日(火)放送回で、ヒロインの祖母・青柳滝子を演じる大地真央が初登場しました。

一部ネット上では祖母であるはずの大地真央が若すぎる、肌がツルツルすぎると話題になっています。

ヒロインの祖母役で登場

「とと姉ちゃん」で大地真央が演じるのは、東京深川の材木問屋「青柳商店」の女将で、ヒロインの母方の祖母である青柳滝子です。

ヒロインの母・君子(木村多江)は、一家が経済的危機に陥ったことで18年前に絶縁した母・滝子を頼り浜松から上京することを決意。この日の放送において、ヒロイン・常子(高畑充希)ら三姉妹は祖母と初対面を果たしました。

若すぎる?大地真央の「おばあさま」

視聴者を驚かせたのが、滝子を演じる大地真央の若々しさ。演出のために総白髪のカツラを身につけてはいますが、肌はシワがなくツルツルで、とても15歳(常子)の孫がいる「おばあさま」には見えません。白髪でさえなければ、滝子と君子は母娘ではなく姉妹のように見えます。

大地真央は現在60歳で、娘役の木村多江は45歳。驚異的な若さと美貌を誇る大地真央と、もともと大人びてはいましたが40代を迎え若々しさも目立って来た木村多江という二人ですから、姉妹のように見えても不思議ではありません。

ネット上でも若さに驚きの声

ツイッター上では大地真央の若々しさに驚きの声が挙っています。以下、声を要約、抜粋。

・大地真央おばあさまが若い、美しすぎる!
・美しいし若いしで、おばあさまと呼べないw
・大地真央が若すぎて白髪が不自然
・肌が若すぎる
・顔が若すぎて祖母感が皆無、おばあさま役が似合わない
・若すぎて怖いw


「若い」というのは女性、特に女優にとっては褒め言葉ではありますが(笑)、大地真央が演じる青柳滝子は祖母であり、200年続く老舗材木問屋を切り盛りする苦労人の女将でもあります。今後、ツルツル美肌の見た目に反して女将、祖母としての威厳が滲み出て来るのか、その演技に注目が集まります。

関連記事
【とと姉ちゃん】母・君子が三姉妹に打ち明けた祖母・滝子との絶縁の過去
【とと姉ちゃん】祖母・青柳滝子(大地真央) 材木問屋の仕事に誇りを持つ女将

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑