【とと姉ちゃん】古田新太演じる赤羽根憲宗 太巻の再来?悪役ぶりに注目

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に、俳優の古田新太が登場することで話題になっています。

この記事では、古田新太が劇中で演じることになる「赤羽根憲宗」という人物についてまとめます。「あまちゃん」で古田がコミカルに演じた大物プロデューサー「太巻」とはまた違う、コテコテのヒール役となりそうです。

「商品試験」の評価に激怒

古田新太が演じるアカバネ電器製造社長・赤羽根憲宗が登場するのは、第22週放送分あたり。

赤羽根は、雑誌「あなたの暮し」の特集企画である「商品試験」における自社製品(アイロン・電気釜)の評価が悪かったことや、「あなたの暮し」が裏金を受け取らなかったことなどに腹を立て、執拗にクレームを付けてくるようになります。

記事の客観性、中立性を重んじる常子と花山(唐沢寿明)はこのクレームを言いがかりとして一蹴するのですが、その直後から、アカバネ電器製造によるあなたの暮しへの執拗な嫌がらせ(投石など)が始まります。

儲け至上主義「アカバネ電器製造」

叩き上げ社長である赤羽根憲宗が経営する「アカバネ電器製造」は、戦後に創業した従業員250人の電化製品メーカー。

事業拡大を何よりの生き甲斐とする赤羽根社長のもと、安価な製品を大量に市場に供給することを社是として急成長する企業で、日々の美しい暮しを大切にする「あなたの暮し」の理念とは相反する社風といえます。

「ゴリゴリの悪役」オリジナルキャラクター

▼「あまちゃん」では某秋元康プロデューサー風の男・荒巻を演じた古田新太。

NHKの担当プロデューサーによれば、今回の古田新太の役柄は「ゴリゴリの悪役」とのことで、ブラックな面を持ちながらどこかコミカルで人間味があった「あまちゃん」の「太巻」役とは少々異なりそうです。

ドラマに登場する誌上企画「商品試験」のモデルになっている「暮しの手帖」の「商品テスト」は、客観的な製品批評を貫いたために、対象企業、メーカー側からえげつない罵倒、誹謗中傷が届いたこともあったそうです。

こうした史実のエピソードを参考として、「資本主義の権化」としてデフォルメした形でキャラクター化した人物が、赤羽根憲宗ということになります(※赤羽根社長、ならびにアカバネ電器製造は架空のキャラクター、企業です)。

常子の傍にはすでに花山伊佐次という強烈な個性を持った人物が居るわけですが、赤羽根社長が登場することにより、さらに常子の周囲が騒がしくなりそうです。

また、赤羽根が従える部下・村山健太郎(野間口徹)、甥っ子・酒井秀樹(矢野聖人)もそれぞれ個性派俳優が演じることから、常子らとの絡みが期待されます。

関連記事
【とと姉ちゃん】アカバネ電器製造が繰り出す「嫌がらせ」まとめ
【とと姉ちゃん】電化製品メーカー「アカバネ電器製造」 「あなたの暮し」に激怒
【とと姉ちゃん】新企画「商品試験」とは あなたの暮しの名物特集に
【とと姉ちゃん】最後の追加出演俳優発表 真野響子、古田新太、野間口徹、上杉柊平、吉本実憂ら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑