【とと姉ちゃん】板前・長谷川を演じる浜野謙太はミュージシャン

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に登場している森田屋の雇われ板前・長谷川哲典を演じている浜野謙太についてまとめます。

近年は俳優としての活躍が目立つ浜野謙太ですが、もともとは確かな実力を持つミュージシャンです。

※板前・長谷川の人物像については、「【とと姉ちゃん】いい加減男・長谷川 宗吉(ピエール瀧)の怒りを買う日々」の記事にまとめてあります。

もともとはミュージシャン

昨年放送のTBSドラマ「ナポレオンの村」でもノリが軽く小心者の公務員・馬渕役を好演するなど、近年は小物感あふれる青年役を中心に「性格俳優」として活躍している浜野謙太。神奈川県横浜市の出身の34歳で、自由の森学園、和光大学という芸術・芸能系の才能を伸ばす王道ともいえる教育機関を卒業しています。

浜野謙太は、もともとインストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のメンバー(トロンボーン、スキャットを担当)として活動するミュージシャンで、他にもバンド「在日ファンク」のリーダー兼ボーカル、「Newday」のトロンボーン担当など、複数のバンドに参加。中島美嘉のレコーディングに参加するなど、音楽業界で幅広く活躍しています。

俳優としても重宝

2005年頃からはスペースシャワーTVの音楽番組に出演し、その憎めないキャラクターもあり、広く顔が知られるようになります。2005年に映画「ハチミツとクローバー」に出演すると、「婚前特急」「体脂肪計タニタの社員食堂」「武士の献立」「ジャッジ!」など多数の映画作品に出演。

テレビドラマも「モテキ」「花のズボラ飯」「僕にはまだ友だちがいない」「ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史」「聖女」など、多数作品に出演しています。

157cmと小柄な体格、独特の「小物感(いい意味で!)」を感じる存在感などが俳優として重宝されており、今後もさまざまな作品に登場しそうです。

▼「ノーコン・キッド」ではゲーマーとして伝説化、神格化されるゲームおたく・木戸役を好演。こういう役をやらせると存在感抜群。田中圭、波瑠など、テレ東の深夜ドラマながら意外にも(?)豪華出演陣。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑