【とと姉ちゃん】三女・小橋美子の子供時代を演じる子役・川上凛子と根岸姫奈

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で小橋家の三女・美子(よしこ)の幼少期、少女期役を演じる二人の子役についてまとめます。

美子は、放送開始から8週目くらいまでは子役が演じるとのことです。

おかっぱ頭の三女・美子

小橋家三姉妹の三女、おかっぱ頭の美子は長女・常子と6歳離れた末っ子です。二人の姉が喧嘩ばかりしている横で、要領よく立ち振る舞う器用な性格をしています。

美子は幼少時代は学校に馴染めず、それをキッカケにして常子とも仲違いしてしまいますが、やがて成長とともに服飾に興味を持つようになり、雑誌「あなたの暮し」の衣裳部門を担当するようになります。

第9週目放送で女優の杉咲花にバトンタッチされるまでは、年齢に応じて二人の子役が美子を演じることになります。

幼少期の美子は子役・川上凛子

幼少期(4歳〜?)の美子を演じるのは子役の川上凛子(かわかみ・りんこ)です。

川上凛子は2009年生まれの6歳で、現在小学1年生。

「それいけ!アンパンマンくらぶ」(BS日テレ、2013~15)、土曜ワイド劇場「タクシードライバーの推理日誌36」(テレビ朝日、2014年)、「今夜は心だけ抱いて」(NHKBSプレミアム、2014年)などに出演経験があるほか、「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)の再現VTRや「1億人の大質問!?笑ってコラえて!名前の旅」(日本テレビ、2014年)などにも登場しています。

また、映画「ビリギャル」で主人公の妹・工藤まゆみの幼少期役を演じたほか、CMも日本マクドナルド「妖怪ウォッチカレンダー妖怪出たー!篇」、花王「メリット 新生活ママ篇」などに出ており、6歳にして幅広い活動を行っています。

少女期の美子は根岸姫奈

続いて、やや成長した少女期の美子を演じるのは、大手芸能事務所「アミューズ」に所属する子役・根岸姫奈(ねぎし・ひめな)です。

根岸姫奈は、2006年群馬県生まれの10歳。

2014年にNHKBSプレミアムのドラマ「ひとつ星の恋」、2015年には土曜ワイド劇場「おとり捜査官19」、金曜ナイトドラマ「天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課」(以上、テレビ朝日)、月曜ゴールデン「守護神ボディーガード進藤輝」(TBS)に出演しています。

昨年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」では、コレラに感染した行商人の母を必死に助けようとする少女・キク役を好演(第13話)しています。

また、パナソニックの家電CM「ふだんプレミアムシリーズ」では、「とと姉ちゃん」で美子の父親役を演じる西島秀俊の娘役として共演をしています。

関連記事
【とと姉ちゃん】三女・美子のモデル大橋芳子の生涯 結婚は?
【とと姉ちゃん】小橋家三姉妹の年齢、年齢差 演じる女優は何歳?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑