【とと姉ちゃん】「木造橋」ロケ地は蓬莱橋(静岡県島田市)

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のロケ地として登場する静岡県島田市の木造橋「蓬萊橋(ほうらいばし)」についてまとめます。

「世界一の長さを誇る」とされるこの木造歩道橋は、ドラマ序盤の印象的なシーンにおいてしばしば登場します。

地元静岡・蓬莱橋

「とと姉ちゃん」は、昭和5年の静岡・浜松地方から物語がスタート。地元・静岡の屋外風景もしばしば画面に登場します。

浜松から直線距離で40kmほど離れた静岡県島田市の木造橋「蓬萊橋」も、重要なロケ地の一つです。ヒロイン・常子(高畑充希)や妹の鞠子(相楽樹)らがこの橋を駆け抜けたり、腿上げの特訓を行なったりと、ドラマ序盤においてしばしば重要な撮影地となります。

蓬萊橋でのロケが行われたのは昨年11月頃のこと。富士山が美しく見える素晴らしいロケーションではあるのですが、遮るものがなく強風が吹き付ける橋上での撮影は大変ハードだったとのことです。

▲現在では珍しい木造橋である蓬莱橋。
Photo by: cage.okada

長さ世界一(ギネスブック)!蓬莱橋

「蓬莱橋」はJR東海道本線島田駅から南東に1kmほど、大井川に架かる木造橋(歩行者と自転車の専用橋)で、「世界一の長さを誇る木造歩道橋」(全長897.422m)としてギネスブックに認定されています(1997年)。

明治12年(1879年)に地元(牧之原台地)の開拓農民の出資によって架けられた蓬莱橋は、当時から関係者以外は通行料が必要な「賃取橋」でした。その流れもあり、現在でも100円(自転車、歩行者大人)の通行料が必要となります。

現在は一部橋脚にコンクリートの柱が用いられていますが、近年でもたびたび台風の影響で橋の崩落、橋脚の流出が発生しています。逆に言えばそれだけ水に近い昔ながらの造りの木造橋であり、その風情から、映画のロケ地としてしばしば用いられています(映画「超高速!参勤交代」、「男はつらいよ 噂の寅次郎」など)。


関連記事
【とと姉ちゃん】深川の女学校ロケ地は深谷商業記念館・二層楼
【とと姉ちゃん】深川・木場の風景ロケ地は茨城県「ワープステーション江戸」
【とと姉ちゃん・ロケ地】中田島砂丘(浜松市) 常子と君子が二人三脚の練習をした海岸
【とと姉ちゃん】「遠州浜松染工」ロケ地は足利市「トチセン」の赤レンガ工場
「とと姉ちゃん」は浜松が物語最初の舞台①「繊維の街」の歴史とは

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑