【とと姉ちゃん・ロケ地】中田島砂丘(浜松市) 常子と君子が二人三脚の練習をした海岸

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のロケ地として登場する「中田島砂丘」(静岡県浜松市)についてまとめます。

あまり知られていませんが、中田島砂丘は「日本三大砂丘のひとつ」ともされるとか。東名阪の都市部からもアクセスしやすく、雄大な風景が広がる中田島砂丘は、映画やドラマなど多数の作品でロケ地としても使用されています。

常子と君子が二人三脚の練習をする海岸

「とと姉ちゃん」において「中田島砂丘(なかたじまさきゅう)」がロケ地として登場するのは、第2週放送分です。

常子(高畑充希)が母・君子(木村多江)と「二人三脚」の練習をするシーンで、この地が登場します。

遠州灘の広大な砂丘

中田島砂丘は、「とと姉ちゃん」の最初の舞台でもある静岡県浜松市の天竜川西側、「遠州浜」に広がる砂丘です。東西4km、南北600mにも及ぶ広大な砂丘で、地元でも景勝地として広く知られます。天竜川上流から運ばれて来た大量の砂がこの地に堆積し、強い北風などにより吹き上げられた砂が、独特の美しい景観を形成しています。

ただし、天竜川上流にダムが完成して以来運ばれてくる砂の量が減少し、毎年5mほど海岸線が交代し続けているとのことで、現在は砂丘本来の姿が失われる危機に瀕しています。

アカウミガメの産卵地 参加型放流会も

中田島砂丘は、その美しい風紋や、日の出・日の入りを見られるスポットとして知られますが、アカウミガメの産卵地としても有名です。砂丘内には囲いがされたアカウミガメの「ふ化場」があり、産卵時期(夏)には外からではありますが、その様子が眺められます。

また、毎年8月から9月下旬にかけてNPO法人により「ウミガメ放流会」が開催されており、会員になるなど所定の条件を満たせば、可愛い「子ガメ」を海へと放つ実体験が出来ます。

▼放流会の詳細はNPO法人「サンクチュアリ エヌピーオー」のサイトでご確認ください。
http://sanctuarynpo.jp/

ロケ地実績「清須会議など」

地元ロケ地の紹介・仲介などをしている「浜松フィルムコミッション」によれば、中田島砂丘では過去に多数の映画、ドラマ、PV等の撮影が行われています。

有名なところでは、映画「清須会議」、「忍~Shinobi~」、「最終兵器彼女」、ドラマ「土曜ワイド劇場 タクシードライバーの推理日誌37」「土曜ワイド劇場 西村京太郎トラベル・ミステリー 生死を分ける転写台」(テレビ朝日)、「ヘブンズ・フラワー」(TBS)、バラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)などに中田島砂丘が登場しています。

▼詳しくは「浜松フィルムコミッション」のサイトをご覧ください。
http://www.hamamatsu-film.com/nakatajima/


▼関連記事
【とと姉ちゃん】深川・木場の風景ロケ地は茨城県「ワープステーション江戸」
【とと姉ちゃん】「遠州浜松染工」ロケ地は足利市「トチセン」の赤レンガ工場
【とと姉ちゃん】「木造橋」ロケ地は蓬莱橋(静岡県島田市)

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑