【とと姉ちゃん】ピエール瀧が演じる板前・森田宗吉 「あまちゃん」大将・梅頭の再来?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に、ピエール瀧が登場します。この記事では、ピエール瀧が演じる森田宗吉という人物についてまとめます。

ピエールが朝ドラに登場するのは、あの「あまちゃん」の大将役以来です。

仕出し屋「森田屋」に転がり込む一家

「とと姉ちゃん」でピエール瀧が演じるのは、東京・深川の老舗仕出し屋「森田屋」の主人・森田宗吉です。

母方の実家である東京・深川の材木問屋「青柳商店」を追い出されてしまったヒロイン一家は行くアテを失い、住み込み女中を求めていた近所の「森田屋」に転がり込むことになります。

森田屋の面々は「青柳商店」と不仲であるためか、当初、一家に対し冷たい態度を仕向けます。特に主人である森田宗吉は「青柳さんのとこの人間だろうが特別扱いしねえ」と言い放ち、厳しい態度で接してきます。

主人兼板前の江戸っ子、宗吉

宗吉は、母である大女将・青柳まつ(秋野暢子)から店を受け継ぎ(宗吉はまつが苦手らしい)、大忙しの森田屋を支える大黒柱。主人兼板前として、決して手を抜かない仕事ぶりには目を見張るものがあります。

江戸っ子らしく怒りっぽい男ですが根は悪い人ではないようで、次第に常子に「食」の大切さを教える師匠のような存在になっていきます。

宗吉はやがて雑誌「あなたの暮らし」を立ち上げた常子の料理記事の取材に協力するなど、長年に渡りヒロイン一家と交流を深めていきます。

ピエール瀧が出演していたNHKドラマ(大河ドラマ、朝ドラなど)まとめ

▼テクノバンド「電気グルーブ」の "賑やかし・パフォーマンス担当" というイメージがあるピエールですが、音楽、映像制作部門にも深く関わる才能の持ち主。

平岩紙と夫婦役

今回のピエール瀧の役どころで楽しみなのが、妻・照代役を演じる平岩紙とのやり取りです。

照代は寒村から上京して来た大人しい女性で、働いていた「森田屋」で宗吉に手を出されて結婚。もともと店で主従関係があったせいか今でも宗吉は照代に対して口が悪いのですが、その裏では照代を深く愛しているとのこと。劇団「大人計画」などで活躍する平岩紙とのやり取りが楽しみです。

「あまちゃん」大将・梅頭の再来?

また、一部朝ドラファンの間で話題になっているのが、ピエール瀧がまたしても「大将・板前」役を演じるということ。

2013年に放送された朝ドラ「あまちゃん」では、ヒロインらが足しげく通う上野の寿司屋「無頼鮨(ぶらいずし)」の大将・梅頭役を演じ、寡黙ながらも毎回小ネタをはさむ演技が話題となりました。

もともとは「楽器が弾けないミュージシャン(電気グルーブ所属)」としてアンダーグラウンドな存在であったはずのピエール瀧ですが、2013年の映画「凶悪」で「日本アカデミー賞優秀助演男優賞」を受賞するなど、今や俳優としても引っ張りだこ。

朝ドラは「おひさま」「あまちゃん」に続いて三度目の出演であり、「とと姉ちゃん」の宗吉役でも飄々とした持ち前のキャラクターを活かし、何か爪痕を残してくれそうです。

関連記事
【とと姉ちゃん】東京深川「青柳商店」「森田屋」登場人物、キャスト
【とと姉ちゃん】森田照代(宗吉の嫁) 演じる女優・平岩紙はファブリーズCMでお馴染み
【とと姉ちゃん】森田まつ(森田屋・大女将) 演じる秋野暢子は元朝ドラヒロイン
【とと姉ちゃん】深川の仕出し屋「森田屋」とは?小橋家が女中として転がり込む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑