【とと姉ちゃん】大人の社交場「カフェー浪漫」のメンバー あなたの暮しのモニターになっていく

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に登場している「カフェー浪漫」についてまとめます。

親友・村野綾(阿部純子)が働いていることが縁で知り合った「カフェー浪漫」の人々は、雑誌「あなたの暮し」に意外な面で貢献していくようになります。

「女給の接待を目的とした社交場」カフェー浪漫

夫を亡くし、さらに家を失ってしまった村野(旧姓・中田)綾は、生活のために新橋にある「カフェー浪漫」で働き始めます。ドラマのナレーションによれば、「この時代のカフェは、女給の接待を目的とした社交場」とのこと。

何だかボカした言い回しですが、当時のカフェの歴史などから考えて「女性が派手な着物や化粧をまとい、男性客に(ある程度)身体を寄せて接客をする」といったところでしょうか。現在でいえばバーやクラブ、キャバクラのようなニュアンスではないかと個人的には解釈します(朝ドラですので、さすがに売春ではないと思います…)。

「カフェー浪漫」のメンバー

ある日、用件があって綾の職場を訪ねたことから「カフェー浪漫」の人々と面識を持つようになった常子たち。「カフェー浪漫」で働く女性たちは貧しく苦しい生活を強いられながらも、明るく力強い生命力を感じさせます。「カフェー浪漫」の主要メンバーは、以下の通り。

・梢(佐藤仁美) 女性たちのリーダー的存在。恰幅が良く口調は荒いが、姉御肌で優しい。後に再婚し本名「康恵」として登場。
・雅(阿部純子) 常子の親友・綾の源氏名。
・さくら(森絵梨佳)美人な戦争未亡人。さんざん辛い目に遭い続けたことなどから、どこか男に対して醒めた目線を持つ。
・艶子(谷澤恵里香) お調子者のぽっちゃりさん。ムードメーカー。
・弓子(寺島咲)
・お蝶(早織)

「あなたの暮し」専属モニターに

当初は「お嬢様育ち」である常子たちを冷ややかな目で見ていた「カフェー浪漫」の人々でしたが、誰にでも簡単に安価で作れる「直線裁ちの洋服」の製作などを通して、すっかり常子たちと打ち解けていきます。

常子たち「あなたの暮し・編集部」にとって、「カフェー浪漫」の女性たちの生活感に根ざした率直な声は、頼りがいのあるものになっていきます。

常子が新しい企画を思い立つと「カフェー浪漫」に立ち寄り、梢らの意見に耳を傾けるなど、「カフェー浪漫」の女性たちは「あなたの暮し」の庶民派専属ご意見番(現在でいう雑誌モニター)として機能していくようになります。

関連記事
【ひよっこ】すずふり亭ホール・朝倉高子役 女優・佐藤仁美は「とと姉ちゃん」にも出演
【とと姉ちゃん】女二人で「ビアホール ニューギンザ」へ 日本のビアホールの歴史

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑