【とと姉ちゃん】星野と常子の再婚、恋の行方 第23週で大筋が判明か

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で気になるのが、再会した常子と星野の恋(再婚)の行方。

二人の恋の行く末は物語終盤の大きな見どころであり、出来るだけ今後の情報がネタバレ流出しないように、NHK側も注意を払っているものと思われます。

とはいえ、第23週放送分あたりの展開から今後の大筋が見えてきましたので、「予想」の範疇ではありますが、二人の今後について展望をまとめてみます。

星野の転勤が決定

第23週放送(9月5日〜)では、近付きながらもこう着状態にあった常子と星野の関係に大きな動きが見られます。

ある日星野は、勤務先の「光和医薬品社」で重要な内示を受けます。それは、以前(常子と再会する前?)星野が希望を伝えていた名古屋支社への転勤を通知するものでした。

現在の東京での生活に満たされていた星野は、この内示に大きく動揺します。しかし、息子・大樹が火傷跡のことで同級生からいじめられていたことを知ると、星野は大樹の今後のことを最優先に考え、この転勤を受け入れる決意をします。

転勤を知らされた常子

星野の決断を告げられた常子は、何よりも家族を大切に考え、自分に対しても誠実な想いを持ってくれている星野の気持ちを尊重し、この決断を受け入れることになります。

これにより、想い合う二人は再び離ればなれに暮らすことになり、現時点での二人の再婚の可能性はおおよそ消えたといってよいでしょう(星野は翌・第24週から登場せず。最終週にかけて再登場するかは不明)。

常子のモデル人物である大橋鎭子(「暮しの手帖」創業者)は生涯独身を貫いており、その設定を破って星野と再婚する展開があるのかが注目されていましたが、どうやら史実通り、常子は独身を貫くことが濃厚です。(※星野はドラマオリジナルのフィクション人物です)

「とと姉ちゃん」は家族の物語

「とと姉ちゃん」は "恋愛" よりも "家族" に重点を置いた物語です。

若かりし「とと姉ちゃん」・常子が家族のことを思い星野のプロポーズを断ったように、今度は「とと」になった星野が家族のために愛する人との別れを決断する…。「愛情」や「幸せ」の形は一つではない、ということを示唆する展開となりそうです。

今後の気になる展開としては、史実上のモデル(大橋芳子)が独身を貫いている三女・美子が恋人・南と結婚に至るのかということ(追記:どうやら結婚することになりそうです)、それに最終週にかけて、星野と常子のその後の関係がもう一度描かれるのかどうか、といったところでしょうか。

関連記事
【とと姉ちゃん】美子と南大昭は結婚するのか(ネタバレ含む)
【とと姉ちゃん】常子の結婚相手候補たち ただし、モデル人物・大橋鎭子は生涯独身を貫き…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑