【とと姉ちゃん】美子(よっちゃん)に彼氏 相手はコック・南大昭

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第20週(8月15日〜)で、小橋家の三女・美子(杉咲花)に「彼氏」が居ることが明かされそうです。

この記事では美子の交際相手について、それに、史実上のモデル人物・大橋芳子の結婚などについてまとめます。

美子と恋仲になるのは…

若き日から洋裁、仕事に没頭し、異性の浮いた話がまったく聞かれなかった三女・美子。第20週放送では、そんな美子の「彼氏」の存在が明らかになります。

時は昭和30年。美子は29歳となり仕事も充実し、すっかり大人の女性になっています。この頃になると、美子はある男性としばしばデートを重ねるようになっています。

そのお相手とは、「キッチン森田屋」でコックとして働く南大昭=みなみ・ひろあき=(上杉柊平)。美子は再び東京へと戻ってきた宗吉夫婦と交流を温めるうちに、そこで働いている若手イケメンコックとの間に恋が芽生えるようです。南は腕の良いコックで、宗吉はゆくゆくは店を南に譲りたいと考えているとのこと。

モデル・大橋芳子は生涯独身

水田(伊藤淳史)と結婚した次女・鞠子に続き、いよいよ美子にも良縁かと色めき立ちますが、まだまだ先行きは不透明です。

美子の史実上のモデル人物・大橋芳子(大橋家三女)は、長女・鎭子とともに生涯独身を貫いており(次女・晴子は結婚し子孫を残した)、もしこの事実を踏襲するのであれば、美子も生涯独身を貫くことになるからです。

常子の誓い「鞠子、美子を嫁に出す」

ただし、ドラマ上では「家族を守る」「鞠子、美子を嫁に出す」「家を建てる」という、幼い常子が決意した「三つの誓い」が繰り返し画面に映し出されています。

普通に考えれば、ヒロイン・常子が人生をかけて「幼き日の誓い」を完遂していく過程がストーリーの軸になると考えられますので、鞠子に続いて美子も結婚をするという、史実とは異なる描写も十分に有り得るでしょう。

史実通りに三姉妹のうち次女だけを結婚させるのか、美子も結婚となるのか、この先の展開が楽しみです。

関連記事
【とと姉ちゃん】美子と南大昭は結婚するのか(ネタバレ含む)
【とと姉ちゃん】「大将」ことコック・南大昭 演じる俳優は上杉柊平
【とと姉ちゃん】三女・美子のモデル大橋芳子の生涯 結婚は?
【とと姉ちゃん】小橋三姉妹モデル・大橋三姉妹 一番長生きし、存命なのは誰?
【とと姉ちゃん】鞠子の結婚相手は水田正平か モデル・晴子は子孫を残す
【とと姉ちゃんネタバレ】再会した星野武蔵は結婚(死別)し、子供もいた!二人の恋は再燃…?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑