「わろてんか」と「あさが来た」は似ている?類似点を列挙

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」が、同じNHK大阪制作の名作朝ドラ「あさが来た」に似ているのでは?という声をちょいちょい聞きます。

この記事では、「わろてんか」と「あさが来た」が似ている点を思いつくままに列挙してみます。

「あさが来た」「わろてんか」類似点

嫁ぎ先(大阪)で財を成した、希代の女商人の物語

「あさが来た」では加島屋、大同生命を躍進させた広岡浅子が、「わろてんか」では吉本興業を創業させた吉本せいがヒロインのモデル。

いずれも大阪を代表する女商人で、大阪の老舗商家に嫁ぎ、並み居る男たちを相手にして商いを成功させている。

京都の豪商の娘

両作ともに、ヒロインは京都の老舗豪商の生まれという設定。「あさが来た」のあさ(波瑠)は両替商・今井家、「わろてんか」のてん(葵わかな)は薬種問屋・藤岡屋が生家。

大阪の名門商家に嫁ぐ

良作とも大阪(船場近く)の老舗名門商家に嫁ぎ、結婚後は商才を活かし家の「救世主」となる。

「あさが来た」では老舗両替商「加野屋」、「わろてんか」では老舗米穀商「北村屋」にそれぞれ嫁ぐ。

お転婆娘が失敗して父に怒られる

あさ、てんともに幼い頃はお転婆で、失敗をしては厳格な父に怒られていた。厳しかった父も、やがてヒロインの資質を認めていくことに。

一方、ヒロインの姉(妹)は親の言い付けをきちんと守る優等生で、姉妹仲は極めて良い。

厳格な父、優しい母

「あさが来た」の父・忠興(升毅)、「わろてんか」の父・儀兵衛(遠藤憲一)ともに商いに厳しく向き合い、ヒロインにしばしば雷を落とす厳格な父。

一方両ドラマの母・梨江(寺島しのぶ)、しず(鈴木保奈美)は優しく聡明で、ヒロインを常に温かく見守る菩薩さまのような存在。

ヒロインにお付き女中がいる

「あさが来た」にはうめ(友近)、ふゆ(清原果耶)、「わろてんか」にはサエ(徳田尚美)、トキ(徳永えり)という実家に仕える女中が存在。

それぞれうめ、トキがヒロインの嫁ぎ先にも同行し、お付き女中として世話を続ける。

嫁いだ先の商家が経営危機、嫁いだ先で姑の「いけず」

「あさが来た」ではヒロインの姉・はつ(宮崎あおい)が嫁いだ先「山王寺屋」で姑・菊(萬田久子)から「いけず(意地悪)」を食らい、「わろてんか」ではヒロイン・てんが嫁いだ先「北村屋」で姑・啄子(鈴木京香)から「いけず」を受ける。

両家とも経営危機に直面し、やがて倒産(廃業)の憂き目に。

夫は優しいが芸道楽にハマる、嫁は商いの才を持つ

あさの夫・新次郎(玉木宏)、てんの夫・藤吉(松坂桃李)とも、芸ごとが大好きな道楽者。

両ヒロインは生まれながらに商才を持ち、夫に代わって商いを支え躍進させていくことに。

仲良し姉妹がまったく違う人生を歩む

「あさが来た」では、山王寺屋と加野屋にそれぞれ嫁いだはつ、あさ姉妹が両家の運命とともにまったく違う人生を歩むことに。

「わろてんか」では、藤岡家を飛び出して嫁に出たてんと、藤岡家に残ることになる妹・りん(堀田真由)が、まったく違う人生を歩むことになりそう。

江戸の名残を残す明治時代

時代設定が少し似ている。「あさが来た」は幕末から明治時代にかけてが詳しく描かれ、「わろてんか」ではまだ江戸時代の名残がある明治中期から物語が始まっている。

商家が近代化、企業化する前の古き良き大阪商人(番頭、丁稚などが働く)の姿が描かれる。

夫と仲がいい美人女性の存在

「あさが来た」の夫・新次郎は三味線の師匠・美和(野々すみ花)のもとに夜な夜な通い、「わろてんか」では夫・藤吉のそばに幼馴染みの女芸人・リリコ(広瀬アリス)の姿が。

いずれも艶やかな美人で、少々怪しい関係が…?

ヒロインに優しくしてくれるイケメン・インテリ男

「あさが来た」では事業家の五代友厚(ディーン・フジオカ)が、「わろてんか」では青年実業家・伊能栞(高橋一生)が、それぞれヒロインに目をかけ、良くしてくれる。いずれもイケメン、インテリ男。

いずれも財界で大成功していく大物。

「次期当主」が早々に亡くなる

「あさが来た」では、嫁ぎ先の白岡家の次期当主となるはずだった長男・白岡正太郎(木内義一)がドラマ序盤で亡くなっている。

ネタバレとなってしまうので詳しくは書きませんが、「わろてんか」でも次期当主と目されるある人物が序盤で…。

あさが来た 再び…?

以上、思いつくままに両ドラマの類似点を挙げてみました。

NHK大阪としては、2年前の「あさが来た」の大ヒットは強烈な成功体験として残っているはず。「わろてんか」のオープニング映像の雰囲気などを見ても(製作者は違うようですが)、「あさが来た」のイメージに寄せて来ているようにも感じます。

朝ドラ黄金パターンを踏襲して再びヒットを飛ばすのか、あるいは「二匹目のドジョウ」を狙って失敗をするのか。ヒロインのモデルが強烈な人物なだけに、上昇気流に乗れば一気に人気作品となりそうですが、果たして…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑