【わろてんか】主要出演者、キャスト 第一弾が発表 松坂桃李、高橋一生、濱田岳ら

スポンサードリンク

2017年秋(10月2日)から放送が始まるNHK連続テレビ小説「わろてんか」。NHKから主要出演者、キャストの第一弾の発表がありましたので、まとめておきます。

ヒロインの夫役に松坂桃李、夫の恋のライバル(?)に高橋一生が起用されるなど、豪華な顔ぶれとなっています。

吉本興業創業者・吉本せいがモデル

「わろてんか」は、実在した吉本興業の創業者で興行師の女性「吉本せい(1889〜1950)」をモデルにしたドラマです。

ヒロイン・藤岡てんが道楽者の夫・藤吉とともに寄席の経営を手がけ、やがて大阪に新しい笑いの文化、一大ビジネスを築き上げるまでの一代記が描かれます。

◎ヒロイン

・藤岡てん=葵わかな(18)

京都で古くから続く「薬種問屋」の長女として生まれる。父から厳しく育てられるが、夫・北村藤吉と恋に落ち結婚したことで、人生が大きく動いていくことになる。

大阪の笑いに革命を起こした女傑・吉本せいがモデル。

◎ヒロインと関わる重要な男たち

・北村藤吉(夫)=松坂桃李(28)

大阪・船場の米穀商の跡取り息子。根っからの芸ごと好きで、「人生には笑いが一番大切」という考えの持ち主。しかし芸ごとに興じて家業を疎かにし、家を傾かせてしまい…。

てんが熱烈に恋をする相手であり、恐らく魅力的な人物設定がなされるはず。イメージ的には「あさが来た」の新次郎(玉木宏)が近い?

演じる松坂桃李は、「梅ちゃん先生」でヒロインの夫・安岡信郎役を演じて以来の朝ドラ出演。

・伊能栞(青年実業家)=高橋一生(36)

てんの結婚相手となるはずだった青年実業家。しかし、てんが藤吉のことが好きだとわかると、二人の仲を後押しする度量の大きさを見せる。藤吉、風太とともに、てんにとってかけがえのない人物になっていく。

演じる高橋一生は、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にヒロインの幼馴染み・小野政次役として出演するなど、人気沸騰中の俳優。NHK朝ドラは「おひさま」に医大生役で出演経験有り。

・武井風太(従兄)=濱田岳(28)

てんの従兄(いとこ)にあたる人物。てんに秘かに想いを寄せる役どころで、てんの人生にとってもかけがえのない存在になっていくとのこと。

演じる濱田岳は、テレビ東京系ドラマ「釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助」で主人公・浜崎伝助を演じるなど、若手俳優の中でも個性的な役柄を演じ続けている。NHK朝ドラは初出演。

◎ヒロインの生家「藤岡家」・薬種問屋の人々

物語の序盤で重要になるのが、ヒロインが生まれ育った京都の生家。古くから薬種問屋を営む家系で、父はてんを厳しく躾けてきた。てんは藤吉と恋に落ちると、親に結婚を猛反対され、駆け落ち同然で藤吉のもとへ嫁ぎ…。

・父=遠藤憲一(55)
・母=鈴木保奈美(50)
・祖母=竹下景子(63)
・兄=千葉雄大(28)
・妹=堀田真由(19)
・女中=徳永えり(28)

▼関連記事
2017年秋の新朝ドラは「わろてんか」 ヒロイン・藤岡てんのモデルは吉本興業創業者・吉本せい
2017年春・秋 2018年春のNHK朝ドラは?ヒロイン、脚本家、あらすじまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

俳優 軍師官兵衛 ひよっこ 映画 花子とアン サブカル ナポレオンの村 天皇の料理番 やすらぎの郷 女優 東京都北区赤羽 あまちゃん 音楽 地域文化 歴史 醸造 ごちそうさん とと姉ちゃん ブラタモリ 釣りバカ日誌 ど根性ガエル タモリ倶楽部 大阪 ヒストリア 視聴率 花燃ゆ 食文化 ロケ地 マッサン あさが来た 真田丸 信長協奏曲 下町ロケット ドラマ 朝ドラ べっぴんさん 美女と男子 アイドル NHK まれ
PAGE TOP ↑