【わろてんか】妹・りん役は堀田真由 アミューズ期待の新進女優(動画有り)

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」に登場する、ヒロインの妹・藤岡りん。

お姉ちゃんが大好きでいつも笑顔を絶やさない、明るい妹役を演じる女優・堀田真由は期待の女優であり、朝ドラ出演で大きな飛躍を遂げるかも知れません。

無邪気で天然 可愛い妹・藤岡りん

堀田真由演じる藤岡りんは、京都の薬種問屋「藤岡屋」三兄弟の末っ子。姉であるヒロイン・てん(葵わかな)が大好きで、いつも笑顔を絶やさない可愛らしい妹です。

何かと問題を起こすてんとは異なり、りんは大人しく控えめで、母譲りの天然ぶりも持ち合わせる女性。しかし、ここぞという時には度胸を発揮するタイプらしく、りんが藤吉との駆け落ちを覚悟すると、周囲が驚くような行動をとります。

長男・新一が病弱で、てんが駆け落ち。跡取り問題が不透明な藤岡屋にとって、意外にもりんが重要な存在になっていくようですが…。

映画「ソロモンの偽証」オーディションの経験

末っ子らしい可愛らしさを持つ藤岡りんを演じるのは、「アミューズ」所属、滋賀県出身の19歳の女優・堀田真由(ほった・まゆ)です。10年続けたというバレエの影響もあるのか、立ち姿が凛とした女性です。

堀田真由の女優としての大きな原点が、2014年に行なわれた、映画「ソロモンの偽証」のオーディション参加(プロアマ、演技経験問わず。1万人が応募)でした。主役・藤野涼子(※)を決める同オーディションで、まだ芸能界に所属していなかった堀田真由は最終選考の5人に残っています。

(※)このオーディションで主役の座を射止めたのは「ひよっこ」で青森娘・兼平豊子役を演じた「藤野涼子」でした。

このとき、堀田真由は滋賀から単身上京し、東映東京撮影所で行なわれた合宿に参加。結局最終選考で落選してしまいましたが、周囲から大きな刺激を受けたようです。

▼アミューズのYoutubeページにあがっている堀田真由の動画。

「テミスの求刑」「狂い華」

その後、芸能事務所・アミューズの新人発掘オーディションで(3万人超が応募)WOWOWドラマ賞を受賞。本格的に芸能界の道へと進みます。

2015年には事務所の先輩女優・仲里依紗主演のWOWOWドラマ「テミスの求刑」で仲里依紗が演じる主役の妹役で女優デビュー。

ドラマ「相棒season14」(テレビ朝日)、「家売るオンナ」(日本テレビ)への単発出演、BSプレミアムドラマ「獄門島」、映画「トモシビ〜銚子電鉄の小さな奇蹟〜」への出演を経て、今回の「わろてんか」の大役抜擢に至っています。

堀田真由のインスタグラムには「わろてんか」の撮影オフショットも掲載されています。色白薄顔の堀田真由はとても和装が似合う様子。事務所の大先輩・須藤理彩から出演祝いのバッグをもらって大切にするなど、ドラマ同様に周囲から可愛がられる「妹キャラ」と言えそうです。

堀田真由Twitterアカウントも本人により稼働中。結構頻繁につぶやいてます。

▼オムニバスサスペンスホラー(映画)「狂い華」。堀田真由は1本目の「呪いうつり」で主演。「ひよっこ」のメガネっ娘・青天目澄子役で話題になった松本穂香も2本目で主演をしており、朝ドラファンには楽しみな作品。10月14日から新宿・シネマカリテで上映。※ちょっと怖いので音量と閲覧注意。


関連記事。松本穂香、藤野涼子、そして堀田真由と、期待の次世代女優が次々朝ドラに。
【ひよっこ】青天目澄子(なばため・すみこ)演じる女優・松本穂香は有村架純の妹分
【ひよっこ】青森出身・兼平豊子 演じるのは注目の女優・藤野涼子

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑