「わろてんか」で株をあげたと思われる俳優、女優たち(独断)

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」の出演者のうち、当たり役や好演により株をあげた、評価を得たと思われる俳優、女優を挙げてみます。

なお、ここに列挙する俳優、女優の選定は、ネット上での反応などを参考にしつつも、あくまで筆者の独断と偏見と好みが反映されております。あくまでご参考程度に、心の中でツッコミながらお読み下さい。

▷広瀬アリス(芸人・リリコ役)

個人的には「わろてんか」のMVPかなと思います。

以前から「釣りバカ日誌」でのみち子さん役(テレビ東京。濱田岳と名コンビを組む)やコンタクトレンズ「アイシティ」のCM出演などでコメディエンヌとしての天性を見せていた広瀬アリスですが、今作ではその華のある演技によって、女優としての格が一つ上がったように感じます(一部ネットメディアでは人気者の実妹・広瀬すずを実力で追い抜きつつあるのでは、との記事もありましたね)。

リリコは、根無し草の芸人生活からアイドル女義太夫、大物活動写真女優、そしてコンビ漫才師へと、目まぐるしく立場が変わる難しい役。物語序盤では大阪弁の不安定さを心配する声が聞かれましたが(広瀬アリスは静岡出身)、物語終盤のシローとのコンビ漫才のシーンを持ち前の器用さで見事に演じきるなど、その存在感はヒロインの葵わかなを完全に「食っている」との声も。

これだけの美人でコメディにも対応出来る女優というのは希少であり、今後のさらなる活躍が期待されます。

▼広瀬アリスに魅せられてしまった方は、是非濱田岳と共演している「釣りバカ」を。こちらも広瀬アリスが素晴らしい存在感を見せています。

▷堀田真由(ヒロインの妹・りん役)

出番は少ないですが、視聴者から好印象を抱かれていると思われるのが、ヒロインの妹・りん役を演じる堀田真由でしょう(てんが困った時にフラッと現われてりんが助けてくれるという「御都合主義」の脚本が気になるところではありますが…笑)。

当初はフワフワと可愛らしい妹といった感じのりんでしたが、姉に代わり藤岡家(藤岡製薬)を背負うことになると、次第に御寮人さんとしての芯の強さを見せ始めています。

嫌味のないルックスと清潔感、品の良さを持つりんを好演したことで、今後、堀田真由はNHKの「お気に入り女優」になっていくかも知れません。

▷鈴木京香(藤吉の母・啄子役)

物語序盤。若手出演者が多く、周囲のキャラクターの個性がまだまだ定まらない中で、さすがの存在感を見せたのが鈴木京香でした。

啄子は北村屋の歴史を一人で背負い込み、夫の残した借金を必死に返し続け、ヒロインに「いけず」をするという、少々重苦しくなりそうな人物設定。しかし鈴木京香は、啄子の飄々とした表情の中にユーモアと厳しさを同居させるバランス感覚を見せ、啄子を温かみのある魅力的な女性に仕立て上げました。

▷内場勝則(元席主・亀井役)

「わろてんか」を通じて、もっとも「大阪らしい空気感」をまとっていたのが内場勝則ではないかと思います。

内場勝則といえば、吉本新喜劇の現役座長。松坂桃李や葵わかな、濱田岳といった関東出身の主要キャストが「大阪らしさ」を手探りで演じる中で、大阪らしいユーモア、間の取り方を自然体で演じた内場勝則の存在は、ドラマに安心感をもたらしていたように思います。

内場勝則といえば関西圏では知られた存在でしたが、他地方にも広く顔を売ったという意味で、「わろてんか」への出演は成功だったのではないでしょうか。

▷枝元萌(万丈目の妻・歌子役)

「梅ちゃん先生」「まれ」にも出演経験があり、もともと個性派女優として定評があった枝元萌。

滋賀県出身ということもあり、夫役を演じた藤井隆(大阪出身)との掛け合いも相性抜群で、内場勝則らとともに関西の笑いの雰囲気を演出した一人といえるでしょう。何だかんだと吉蔵へ深い愛情を見せる歌子の役柄は視聴者からの印象も良く、枝元萌にとって当たり役といえそうです。

▷笹野高史(落語家・喜楽亭文鳥役)

風鳥亭開業初期に観客を呼び込む起爆剤の役割を演じた、伝統派の大看板・喜楽亭文鳥。視聴者の間で大きな話題になったのが、笹野高史演じる文鳥が風鳥亭の高座に上がり、実際に落語「時うどん」を演じるシーンでした。

11月18日(第42回)に放送されたこのシーンは、ドラマ冒頭から8分近くに渡り、文鳥が高座で「時うどん」を喋り続けるというもの。それまで、松坂桃李(藤吉・チョコ衛門)や大野拓朗(キース・西洋モノマネ)らのお寒い舞台芸を見せ続けられてきた視聴者にとって、文鳥の落語は本格的に見え、「さすが笹野高史だ」といった声がネット上で見られました。

▷北村有起哉 (落語家・月の井団真役)、中村ゆり(団真の妻・お夕役)

「わろてんか」の物語を通じて、「一番ドラマらしいシーンだ」との声も多かったのが、月の井団真・お夕夫妻の顛末が描かれた第10週、第11週放送でした。

北村有起哉演じる落語家・月の井団真は、自身の才能の無さを恐れて酒に逃げるなど、繊細な心の持ち主。妻のお夕は薄幸さを漂わせる美人であり、弱い夫に振り回されながらも、愛する夫の才能を最後まで信じ続けます。

脇役の人間性や感情、キャラクターがイマイチ見えて来ないとの批判も見られた「わろてんか」の中で、団真、お夕夫妻に関しては芸に対する葛藤や人生への苦悩がじっくり描かれており、北村有起哉、中村ゆりの年を重ねた大人の色気、演技力と相まって「ドラマらしい」艶やかなシーンとなりました。

第12週以降、団真、お夕ともに劇中に登場せず、すっかり「行方不明」となっているのが気になるところではあります…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑