【わろてんか】芸人佐助の妻・富役で宮嶋麻衣が登場 NHK朝ドラ常連女優

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」に、NHK朝ドラの脇役としてお馴染みの女優・宮嶋麻衣(みやじままい)が登場します。

この記事では、「わろてんか」で宮嶋麻衣が演じる人物「富」についてまとめるとともに、宮嶋麻衣の簡単な経歴、特に過去に出演した朝ドラ作品とその役柄についてまとめます。

芸人の妻・富

宮嶋麻衣が「わろてんか」に登場するのは、第12週放送、12月18日(月)放送回から。今回宮嶋麻衣が演じる役柄は、曲芸の芸人・佐助(湯浅崇)の妻、富です。

佐助は太夫元・寺ギン(兵動大樹)のもとに所属する芸人なのですが、決して売れっ子というわけではありません。そのため、以前から寺ギンに対し借金を重ねており、夫婦は経済的にギリギリの苦しい生活を続けています。

さらに悪いことに、佐助は高座で怪我を負ってしばらく寄席に出演出来なくなり、借金の返済も滞る始末。妻である富は、寺ギンの下で働く風太(濱田岳)を見るやいなや土下座をして借金返済の猶予を懇願するなど、かなり切羽詰まった様子を見せます。

芸人たちの生活を守りたい…てんの心を動かすことに

このように富が苦しむ姿を見たてん(葵わかな)は、次第にある「想い」を心に抱くようになります。てんにとって、寄席に出演する芸人たちは家族同然。そうした芸人たちの生活を守り、芸人たちが芸の道に邁進出来るような良い方法はないのか…。

佐助と富を巡って太夫元である寺ギンとの間にトラブルが重なったこともあり、北村笑店は当時としては画期的な「雇用形態」を生み出す決断をするのですが、寺ギンはこれを許さず…。

演じるのは宮嶋麻衣

北村笑店が新しい一歩を踏み出すための大きなキッカケをつくることになる、芸人の妻・富。前週まで登場していた落語家の妻・お夕(中村ゆり)同様に薄幸美人といった雰囲気で、女優・宮嶋麻衣の存在感が光ります。

宮嶋麻衣は岐阜県恵那市出身の31歳で、2006年頃から本格的にテレビドラマ、映画、舞台など多方面の女優活動を開始しています。

「ちりとてちん」親友役、「ごちそうさん」民ちゃん

2007年にはNHK朝ドラ「ちりとてちん」でヒロインの親友・野口順子役に大抜擢され広く知られるようになると、「カーネーション」(2011年・NHK大阪)の駒子役、「純と愛」(2012年・NHK大阪)の宮崎ゆり役でも朝ドラに出演。

2013年には「ごちそうさん」で再びヒロインの親友役となる野川民子役に抜擢され、奔放なヒロイン・め以子とは対照的な真面目な親友・民ちゃんを可愛らしく好演しています。

▼清楚な民ちゃんは、「ごちそうさん」の人気キャラの一人。残念ながら舞台が大阪に移った物語後半は出番がありませんでしたが…

NHK大阪朝ドラに立て続けに出演

翌年の「マッサン」(2014年・NHK大阪)ではマッサンの甥っ子・悟の妻の亀山和歌子役、「あさが来た」(2015年・NHK大阪)では教育者・成澤泉の妻・成澤カナエ役で出演。

以上のようにNHK大阪制作の朝ドラに立て続けに出演を続けており、すっかり朝ドラお馴染みの顔となっています。

朝ドラの他にも「歴史秘話ヒストリア」の再現ドラマに繰り返し出演したり、「NHKスペシャル 気骨の判決」(2009年)、「中学生日記」(2010年)、「夫婦善哉」(2013年)などNHKの番組に多数出演。

「わろてんか」におトキ役で出演している徳永えり、お夕役で出演している中村ゆりと並び、宮嶋麻衣も「NHKお気に入り女優」の一人といっていいでしょう(三人とも色白薄顔美人…。NHKの好み?)。

▼それぞれの役柄について、詳しくは…
【ごちそうさん】主人公の友人・桜子、民子を演じる前田亜季、宮嶋麻衣に注目【かわいい】
【あさが来た】成澤泉の妻・カナエ(宮嶋麻衣) モデルとなった人物は?
「マッサン」に宮嶋麻衣が亀山和歌子役で登場 大阪製作朝ドラの常連【民ちゃん】

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑