【わろてんか】ヒロイン・てん(年齢不詳)は今何歳?てんの人生年表、出来事まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン・てんの簡単な年表、年齢をまとめます。

葵わかなが演じるヒロインは年月を重ねても若々しく、一部では年齢不詳との声も挙っていますが(笑)、19歳で結婚、21歳で出産、37歳で夫との死別を経験するなど、それなりに人生経験を重ねています。

なお、ヒロインを演じる葵わかなは、ドラマスタート時(2017年10月)の実年齢が19歳。青年期の息子・隼也を演じる成田凌は実年齢が24歳であり、母親役の葵わかなよりも年上です。

てんの人生年表、年齢

※てんの各年齢は、NHKのホームページに明記されていた「明治43年=てん17歳」から逆算し、はじき出しています。

明治35年(1902年)てん・9歳

第1週
・子役の新井美羽がヒロインの幼少期を演じる
・京都の神社の祭りで興行を見る
・藤吉との出会い

明治43年(1910年)てん・17歳

第2週〜
・てんは年頃の女学生に
・伊能との縁談が持ちあがる
・兄、新一が死去
・藤吉と再会し駆け落ち 北村屋に転がり込む

明治44年(1911年)てん・18歳

第7週〜
・風鳥亭開業
・寺ギンとの業務提携
・冷し飴街頭販売

明治45年(1912年)てん・19歳

第8週
・実家から借りた500円の返済が終わる
・風鳥亭一周年記念公演
・北村笑店を名乗る
・藤吉とてんが祝言をあげる
・啄子、アメリカへ

大正3年(1914年)てん・21歳

第8週
・隼也が生まれる

大正4年(1915年)てん・22歳

第9週
・隼也1歳
・従業員イチ、お楽を採用
・リリコ、娘義太夫をやめて大阪に帰ってくる
・藤吉、二軒目の寄席を探し始める

大正5年(1916年)てん・23歳

第10週〜
・隼也の子守りをタネに頼むようになる
・藤吉、寄席の拡大を目論む
・藤吉が団吾の勧誘に奔走 団真夫妻が登場

大正10年(1921年)てん・28歳

第13週〜
・隼也7歳に
・北村笑店、寄席を15軒まで増やし所属芸人200人超に
・安来節乙女組の発掘
・キース、アメリカへ

大正12年(1923年)てん・30歳

第15週
・関東大震災が発生 キースは東京で被災
・北村笑店が東京へ復興支援 東京進出の足掛かりをつくる

昭和4年(1929年)てん・36歳

第16週
・隼也が中学生、15歳に
・藤吉が一度目の脳卒中で倒れる
・団吾のラジオ出演騒動
・風太、トキにプロポーズ

昭和5年(1930年)てん・37歳

第17週〜
・藤吉、再び脳卒中で倒れる
・キースアサリが新しいしゃべくり漫才を完成させる
・藤吉が亡くなる
・風太とトキに娘、飛鳥が生まれる

昭和9年(1934年)てん・41歳

第18週〜
・藤吉が亡くなって4年
・隼也がアメリカ留学から帰国(20歳。役者が成田凌にバトンタッチ)
・ミスリリコ・アンド・シロー結成 

昭和10年(1935年)?てん・42歳?

第20週
・北村笑店開業25周年を翌年に控える
・キースアサリの電撃解散
・隼也、伊能に弟子入り マーチン・ショウの誘致 つばきと出会う 

関連記事
「わろてんか」ヒロインモデル・吉本せい 年表、年齢、出来事まとめ
【わろてんか】出演俳優たちの生年月日、年齢まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ドラマ あまちゃん べっぴんさん 朝ドラ まれ 音楽 下町ロケット タモリ倶楽部 ひよっこ ヒストリア ごちそうさん ブラタモリ 歴史 NHK 花燃ゆ 視聴率 ロケ地 俳優 女優 やすらぎの郷 美女と男子 花子とアン 陸王 あさが来た 食文化 サブカル アイドル 釣りバカ日誌 軍師官兵衛 大阪 マッサン 東京都北区赤羽 とと姉ちゃん トットちゃん! ナポレオンの村 醸造 真田丸 わろてんか 地域文化 天皇の料理番
PAGE TOP ↑