【わろてんか】北村屋女中頭・スミ 演じる楠見薫は「あさが来た」女中・かの役でお馴染み

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」に、朝ドラの脇役でお馴染みの女優・楠見薫が登場します。

この記事では、楠見薫が演じる女中・スミについてまとめるとともに、楠見薫がこれまでの朝ドラで演じた役柄など簡単なプロフィールもまとめます。

北村屋女中頭・スミ イビリが炸裂か?

楠見薫が演じるのは、ヒロイン・てん(葵わかな)が嫁ぐことになる大阪船場の老舗米穀問屋「北村屋」の女中頭・スミ役です。

運命の人・北村藤吉(松坂桃李)と結婚の約束をし、駆け落ち同然で北村屋へとやってきたてん。ところが藤吉の母・啄子(鈴木京香)はてんのことを断じて嫁とは認めず(すでに啄子が連れてきた許嫁・楓がいた)、「女中としてならば居てもよい」という厳しい条件のもと、てんは北村屋に住み込むことを許されます。

こうしててんは北村家の女中部屋へと入れられてしまうのですが、この女中生活の中でてんに対し厳しく当たるのが、北村家女中頭のスミ(楠見薫)です。

「わろてんか」の予告番組では、スミがてんに対し大量の服を洗濯させるなどのイビリのシーンが登場。スミは御寮人さん・啄子の意のまま、てんに辛く接することになります。

とはいえスミは啄子によって船場商家の「始末」を叩き込まれた身でもあり、意外に気が利くてんの行動を見て、少しずつその態度を軟化させていきそうです。

「あさが来た」女中・かの 「ごちそうさん」諸岡くんの母

楠見薫が所属する事務所「リコモーション」のプロフィールページ(画像クリックで同社ホームページに飛べます)。同事務所からは、国木田かっぱ(藤岡屋番頭・平助役)、西村亜矢子(藤吉の姉・頼子役)なども「わろてんか」に出演。

スミを演じる楠見薫(くすみ・かおる)は1967年、和歌山県出身の50歳。2001年までは劇団「遊気舎」の看板女優として活動していました。

朝ドラを継続的に見ている方ならば、楠見薫はお馴染みの女優さんといえるでしょう。特に、「あさが来た」(2016年)で演じた加野屋の女中・かの役は記憶に新しいところです。

「ほんに、ほんにー」が口癖のかのは、嫁いで来たばかりのあさ(波瑠)に意味深な表情で「水運び」を頼み、それを物陰から持ち前の「ギョロ目」で見守るなど、加野屋の女中として新しい嫁を様子見。その後もちょっとクセのある女中役として継続的に登場し、脇役として気になる存在感を発揮していました。

また、「ごちそうさん」(2014年)で演じた「諸岡くん」のお母さん・諸岡キヨ役もなかなか印象的でした。出征が決まっている息子がヒロインの娘・ふ久と結婚することになり、複雑な心境ながら息子の幸せを喜ぶお母さん役を好演しています。

「マッサン」にも出演

ほかにも「マッサン」の斉藤先生役(エマの小学校の担任)や、「ふたりっ子」(1996年)、「芋たこなんきん」(2006年)、「ウェルかめ」(2009年)などの朝ドラに出演。目力が強く、視聴者を惹き付ける演技を見せています。

ほかに、映画「ぼくんち」、「サマータイムマシン・ブルース」、「UDON」、「ソウル・フラワー・トレイン」、テレビドラマも「ピュア・ラブ」(MBS)、「家族善哉」(MBS)、「ごくせん・第3シリーズ」(日本テレビ)、「京都地検の女」(テレビ朝日系)、「ハクバノ王子サマ」(読売テレビ)などの作品にも出演しています。

関連記事
【わろてんか・10月24日】クサい漬物樽と生姜の「始末」エピソードは実話が元ネタ
【あさが来た】女中頭・かのを演じる女優・楠見薫 「ごちそうさん」「マッサン」にもあの役で出演
【わろてんか】藤吉の姉・頼子 演じるのは女優・西村亜矢子 「ごちそうさん」国防婦人会のあの人
【わろてんか】鈴木京香演じる姑・北村啄子(つえこ)のイケズが炸裂!モデル人物は?
【わろてんか・大阪編】北村屋の登場人物、キャスト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑