【わろてんか】寺ギンのモデル人物は「黒政」こと岡田政太郎 吉本創業時に深く関わる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」に登場する太夫元・寺ギンの人物像をまとめます。

また、寺ギンのモデルになっていると思われる実在の人物・岡田政太郎という人物についてもまとめます。

「オチャラケ派」で演芸界に旋風 寺ギン

お笑いコンビ「矢野・兵動」のボケ担当、兵動大樹が演じることになる「寺ギン(てらぎん)」。NHKが発表している寺ギンの人物紹介は、以下のようなものです。

芸人を寄席に派遣する「太夫元(たゆうもと)」。今で言えば芸能事務所の経営者である。元僧侶だが「死人にお経を唱えるよりも、生きた人間を笑わせる方がおもろい」と興行の世界に飛び込んだ。伝統を重んじる演芸界で「オチャラケ派」という一団を率いて旋風を巻き起こすが、てんと藤吉にとって、敵か味方か?

(以上、NHK「わろてんか」ホームページより引用)

寺ギンが活躍していくであろう明治末期から大正時代は、寄席といえば昔ながらの「落語」が主流で、万歳、義太夫、軽口、曲芸、剣舞といったいわゆる「色物」芸は立場が低く見られ、掘建て小屋のような場所で芸を披露していました。

現在のところ詳細は未確認ですが、恐らく寺ギンはそうした旧態依然の興行の世界に飛び込み、新進気鋭の落語家や色物芸人たちを集めて寄席に斡旋する「太夫元」という設定だと思われます。

発足したばかりの「北村笑店」にとって、客がつく芸人に出演してもらうには多少不利な条件でも寺ギンと組むことが不可欠。やがて暴利をむさぼる寺ギンとの契約に苦しむことになる北村商店ですが…。

モデルは「黒政」「風呂政」こと岡田政太郎か

伝統を重んじる演芸界で「オチャラケ派」なる集団を結成すること、芸人を集めて寄席に派遣する斡旋業をしていること、それに、ヒロイン夫婦と深く関わっていきそうなことなどの共通点を考えると、寺ギンは吉本興業(吉本興行部)創業に大きく関与した実在の興行師・岡田政太郎がモデルになっていると考えられます。

もともと銭湯の経営者だった岡田政太郎は、株などで一儲けした資金で興行界へと進出。大阪で場末の寄席・富貴亭を経営していました。

とはいえ、端席に人気の落語家が出演してくれるはずもなく、岡田はくすぶっていた落語家や色物芸人など「技術はなくともとにかく安く人を笑わせられる」芸人たちを集め、自身の寄席に出演させるようになります。

※岡田は色黒だったことから「黒政」、または風呂屋だったことから「風呂政」の愛称で親しまれていた。

面白ければ何でもござれ「浪速反対派」

やがて岡田は、こうした食うや食わずやの芸人たちを集めて他の寄席に派遣する「芸能プロダクション」的な業務(岡田興業部)を手がけ始めると、出演先を求めた芸人たちが岡田のもとへと集まるようになります。

岡田はこうして集まった芸人たちを束ね、面白ければなんでもござれの「反対派(岡田反対派、浪速反対派)」を結成。

拡大成長を続ける「反対派」は、当時の大阪演芸界の二大勢力「桂派」(伝統的な落語をストイックに守り通した)、「三友派」(桂派に対抗し滑稽話やオーバーアクション、色物を加えるなど娯楽性を高めた)が無視出来ない大きな集団になっていきます。

吉本興業と岡田政太郎

ヒロインの夫・北村藤吉(松坂桃李)のモデル人物である吉本興業創業者・吉本泰三は、芸遊びを通じて岡田と親密になっており、最初に買収した寄席「第二文藝館」も、岡田にそそのかされて買収を決めたともされます。

「第二文藝館」を買収した泰三は、ビジネスパートナーとなった岡田と相談をしつつ岡田興行部から芸人を派遣してもらい、とにかく安くて笑える気軽な寄席経営に着手。

吉本興行部は上り調子の岡田反対派の勢いを借りて勢力を伸ばしながら、少しずつ自前の専属芸人を抱えていく道を模索することになります。

岡田政太郎は親分肌で面倒見も良く、豪快な性格だったとか。大正9年(1920年)に岡田政太郎が突然亡くなると、その息子・政雄が引き継いだ反対派は派内で分裂騒動が起き、間もなく吉本サイドの「花月連」へと吸収されています。

このあたりの経緯には吉本ならではの「策略」もあったかと思われますが、とにもかくにも、大阪で隆盛を誇った岡田反対派は政太郎亡き後、あっという間に姿を消してしまうのです。

「わろてんか」では、寺ギンが統率していた芸人がやがて北村笑店へと吸収される様子が描かれるようですが、史実とは少し違う展開となりそうです。

関連記事
【わろてんか】寺ギン率いる「オチャラケ派」とは?モデルは「反対派」か
【わろてんか】北村藤吉のモデル人物・吉本泰三(吉兵衛)とは
【わろてんか】ヒロイン・てんのモデル人物 吉本せいの人生 ①生い立ちから結婚まで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑