【わろてんか】鈴木京香演じる姑・北村啄子(つえこ)のイケズが炸裂!モデル人物は?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」で、ヒロインの姑役を鈴木京香が演じます。

この記事では、鈴木京香が演じることになる「北村啄子」という人物についてまとめます。北村啄子にはモデルとなっていると思われる実在の人物が存在しますので、あわせてまとめます。

藤吉の母 米問屋「北村屋」の御寮人さん

北村啄子(きたむら・つえこ)は、ヒロインの夫となる北村藤吉(松坂桃李)の母で、船場の老舗米問屋「北村屋」の御寮人さん(ごりょんさん=当主の妻)です。

藤吉は堅苦しい北村家を飛び出し、旅芸人一座に加わっていた身。その旅先でヒロイン・てん(葵わかな)と出会い恋に落ちた藤吉は、実家の「北村屋」に戻り、てんを嫁として認めてもらった上で家業を継ごうと決意するに至ります。

嫁と認めない啄子 いけず開始

決意を持って北村屋へと戻って来た藤吉とてんでしたが、藤吉にはすでに啄子が独断で決めた杉田楓(岡本玲)という許嫁の女性が存在しました。

こうした経緯もあり、てんを嫁として認めたくない啄子はてんを女中扱い。事あるごとにてんに対し辛く当たるようになります。NHK大阪製作の朝ドラではお馴染みの「イケズ」が、物語序盤から炸裂することになりそうです。

意地悪に見える啄子ですが、その人間性は一本筋が通っており商売に対しても真面目。てんは啄子の厳しさと接するうちに、図らずも眠っていた商才を磨いていくことになります。

モデルは吉本泰三継母・吉本ユキか

この「北村啄子」というキャラクターには、モデルとなっていると思われる「吉本ユキ」という人物が存在します。

てんのモデルである吉本興業創業者・吉本せいは、大阪の荒物問屋「箸吉」の跡取り息子・吉本泰三(吉兵衛)と結婚すると、泰三の継母・吉本ユキから「嫁いびり」の洗礼を受けています。

ユキの有名なエピソードとして、「箸吉」で日々大量に出る洗濯物(丁稚や使用人の仕事着など)をせい一人に洗わせ、使用したタライがせいの鮮血で染まったという、生々しい逸話があります。せいはこの姑のイジメを余程恨んでいたらしく、晩年までこのエピソードを掘り返して周囲に話していたとか。

ユキはまた泰三とも折り合いが悪く、泰三が家に居着かず芸人道楽に走ったのも、ユキの泰三に対するいじめが原因のひとつではないかとされます。

「君の名は」で朝ドラヒロイン 鈴木京香

▼三谷幸喜初監督作品「ラヂオの時間」。鈴木京香は唐沢寿明とともに主演を務め、以降も三谷作品の常連に。

「わろてんか」の北村啄子はこうした吉本ユキの人間像とは少し違い、少なくとも筋道の通った、人間味のある女性のようです。

啄子を演じる鈴木京香は、1991年に朝ドラ「君の名は」でヒロイン・真知子役を演じ、その後も三谷幸喜作品ほか、多数作品に出演を続けています。

昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」では、奔放な秀吉の横で豊臣家を明るく支える尾張弁丸出しの正室・寧(北政所)役を好演。※鈴木京香は宮城県出身。

49歳にして「大女優」の風格すら感じさせる鈴木京香が、船場を支える御寮人さん役をどう演じるのか、楽しみです。

関連記事
【わろてんか・10月24日】クサい漬物樽と生姜の「始末」エピソードは実話が元ネタ
【わろてんか・大阪編】北村屋の登場人物、キャスト
【わろてんか】天敵?藤吉の許嫁・杉田楓 演じる女優・岡本玲は「純と愛」にも出演
【わろてんか】ヒロイン夫・北村藤吉とは 演じるのは俳優・松坂桃李
【わろてんか】北村屋女中・スミ 演じる楠見薫は「あさが来た」女中・かの役でお馴染み

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑