【わろてんか】藤吉の姉・頼子 演じるのは女優・西村亜矢子 「ごちそうさん」国防婦人会のあの人

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「わろてんか」に、楽しみな女優が出演します。

朝ドラ「カーネーション」「ごちそうさん」「マッサン」などにも出演し、一部で人気となった女優・西村亜矢子がヒロインの夫の姉役で登場するのです。

ちょっと面倒くさそうな義姉・頼子

西村亜矢子が「わろてんか」で演じるのは、北村藤吉(松坂桃李)の姉、頼子役。てん(葵わかな)にとっては義理の姉ということになります。

頼子はすでに結婚して北村の家を出ているのですが、時折戻ってきては小遣いをせびり、金目の物を物色するという少々やっかいな義姉です。

てんに「いけず」

頼子は北村家の嫁として認めてもらえず苦しい日々を送るてんに対し、ある「いけず」を行ないます。

この頼子の行動は、もとはといえば母・啄子(鈴木京香)の振る舞いが原因です。啄子は跡取りの藤吉ばかりを可愛がり、頼子に対する対応はいつもおざなり。頼子の中には鬱屈が溜まっており、結果的にてんは思わぬ「とばっちり」を受けてしまうのです。

「ごちそうさん」国防婦人会 西村亜矢子

▼西村亜矢子は、大阪に本社がある「リコモーション」という事務所に所属。リコモーションは「わろてんか」にも出演している国木田かっぱ(番頭・平助役)、楠見薫(北村家女中役)、それに売れっ子俳優の古田新太などが所属。画像をクリックするとリコモーションの西村亜矢子プロフィールページに飛べます。


頼子を演じる西村亜矢子は、大阪府出身の36歳。美人ながらどこか飄々としており、独特の魅力を有する女優さんです。

朝ドラの以下の役柄を覚えている方も多いのではないでしょうか。

「カーネーション」木之元節子役

近所の電器店の妻。無愛想で冷淡な性格を持ち、子供時代の糸子も恐れる。しかし、戦時中には優しい一面ものぞかせてる。

「ごちそうさん」高山多江役

め以子が嫁いだ西門家の近所の口うるさい主婦。息子が怪我をさせられてめ以子のもとに怒鳴り込みに来たり、戦時中には「国防婦人会」の中心人物となってめ以子を責め立てるなど天敵に。

「マッサン」若松屋若女将役

料亭若松屋の若女将。マッサンが鴨居商店で働くことを希望するエリーは、キャサリンの紹介により若松屋で鴨居の大将を接待することに。「キャサリンのためやし!」と張り切っている風に見せながら、鴨居のご贔屓にあずかろうと算盤勘定ダダ漏れの若女将(笑)。

真顔なのになんか面白い…「ヒストリア」では北斎娘役

「ごちそうさん」で演じたご近所の主婦・高山多江役は印象的で、真顔でめ以子を責め立てていたはずがステーキの美味しさにあっさりと屈して上機嫌になるなど、どこか憎めない、笑ってしまう謎の存在感を発揮。

最近では2017年9月22日に放送されたNHK「歴史秘話ヒストリア(※)」内で、葛飾北斎の娘で絵師のお栄(応為)役として出演。絵に没頭し過ぎる「不思議ちゃん」お栄役を演じ、父の影となり生涯を絵に捧げた(当時としては変わり者の)天才女性絵師を魅力的に演じています。

趣味、特技を見ても「献血、貯金、ドライブ、円盤投げ、砲丸投げ、泉州弁」と真面目なのかツッコミ待ちなのかわからない絶妙なラインナップ。今回の頼子役も、魅力的なキャラづくりをしてくるのではないでしょうか。

(※)歴史秘話ヒストリア「おんなは赤で輝く 北斎の娘・お栄と名画のミステリー」は、NHKオンデマンドで(有料)配信中(2017年9月現在)。かなり面白かったです。

西村亜矢子 その他出演経歴

NHKドラマ「経世済民の男 小林一三」、「夫婦善哉」「銀二貫」、関西テレビ「怪談グランプリ」、CM「アリコジャパン」「阪急交通社」など

関連記事
【わろてんか・大阪編】北村屋の登場人物、キャスト
【わろてんか】北村屋女中・スミ 演じる楠見薫は「あさが来た」女中・かの役でお馴染み
「マッサン」若松屋若女将を演じる西村亜矢子 「ごちそうさん」のあの役も
あの国防婦人会のライバル・高山さんが戦争で息子を亡くしていた

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

あさが来た 軍師官兵衛 アイドル 花燃ゆ 朝ドラ べっぴんさん ブラタモリ 天皇の料理番 美女と男子 視聴率 トットちゃん! 真田丸 ごちそうさん タモリ倶楽部 地域文化 ナポレオンの村 わろてんか NHK 釣りバカ日誌 食文化 ドラマ やすらぎの郷 ひよっこ 花子とアン マッサン 陸王 俳優 あまちゃん 女優 ロケ地 音楽 ヒストリア 東京都北区赤羽 まれ 下町ロケット サブカル とと姉ちゃん 大阪 歴史 醸造
PAGE TOP ↑