「やすらぎの郷」主要登場人物、出演者キャストまとめ

スポンサードリンク

2017年4月3日(月)から放送が始まるテレビ朝日系 "帯ドラマ劇場" 「やすらぎの郷」。倉本聰が書き下ろした脚本のもとに、豪華で個性豊かな俳優・女優陣が集結しました。

この記事では、昼ドラ「やすらぎの郷」に登場する主要登場人物の概要、出演キャストをまとめます。倉本聰は各俳優に合わせて脚本の「当て書き」をしており、それぞれの個性が役柄に反映されそうです。

舞台は芸能人専用老人ホーム「やすらぎの郷」

物語の舞台は、海が見える斜面に建つ老人ホーム「やすらぎの郷 La strada」。かつて映画やドラマで活躍したフリーの芸能関係者だけが入居出来るという、「芸能人専用老人ホーム」です。

主人公・菊村栄(石坂浩二)は、この奇妙な老人ホームで、個性豊かな往年の大女優、名俳優たちと暮らしをともにすることになります。

やすらぎの郷・入居者キャスト

菊村栄(きくむら・さかえ)=石坂浩二

このドラマの主人公。かつて「国民的ドラマ」をいくつも生み出し、才能をもてはやされた脚本家。もうすぐ80になる。

認知症になった元女優の妻・律子の介護に疲れ果てた時に誘いを受け、「やすらぎの郷」への入居を決める。しかしその矢先に妻が亡くなり、一人で施設に入居することになると、入居メンバーから次々に難題を吹きかけることに。普段は「先生」と呼ばれるが、白川冴子や水谷マヤからは昔からの愛称である「えいちゃん」で呼ばれる。

菊村は、ドラマの脚本を担当する倉本聰自身が投影されているとも。

「お嬢」白川冴子(しらかわ・さえこ)=浅丘ルリ子

通称「お嬢」。かつて爆発的な人気を誇った大女優。菊村とは20年ぶりの再会。

以前は菊村が入居した部屋に入っていたが、幽霊が出ると言い出して違う部屋に移動している。水谷マヤとは悪口を言い合う犬猿の仲だが、なぜかいつも一緒にいる。

及川しのぶ(おいかわ・しのぶ)=有馬稲子

シャンソンの女王として名を馳せた大物歌手。お酒、特にテキーラが大好きで、その影響か声が枯れてしまっている。

演じる有馬稲子は、この役柄のために必死にピアノの練習をしたとのこと。

水谷マヤ(みずたに・まや)=加賀まりこ

元人気女優。テキパキしていて少々口調もキツいが、悪気は無い。白川冴子とは喧嘩が絶えず仲が悪い。

石坂浩二の元妻だった浅丘ルリ子と、石坂の元恋人だったとされる加賀まりこの、丁々発止のやり取りが楽しみ。

三井路子(みつい・みちこ)=五月みどり

歌手としてデビューした後、女優に転身している。菊村が書いた「可愛い女」で女優としてギャラクシー賞を受賞しており、菊村には感謝の念がある。

霊感を持ち、菊村の部屋で亡くなった女優・栗山たかこ(路子は栗山のことを「お姉さん」と呼び慕っていた)と会話が出来るらしい。栗山が温めていたらしい「女の一生」という三本のオムニバスドラマの脚本を書いて欲しいと菊村に執拗に迫る。

歌手・女優の三井路子 演じる五月みどり本人がモデル?

井深凉子(いぶか・りょうこ)=野際陽子

元人気女優で、現在は81歳。菊村が書いた作品に出演経験がある。

菊村の妻・律子とは親友で、菊村一家とはスキーに一緒に行くなど古くから親交があった。

女優時代から「小説家のまねごと」で文章を書いていたが、「やすらぎの郷」入所後は入居者たちの波瀾万丈の話をネタにして小説を次々に書き上げ、「濃野佐志美(こいのさしみ)」のペンネームで売れっ子作家に。

高井秀次(たかい・ひでじ)=藤竜也

寡黙でならした、伝説の任侠スター。

その性格上セリフは少なく、藤は「セリフが少なくてうれしいですね」と語っている。

「マロ」真野六郎(まの・ろくろう)=ミッキー・カーチス

通称「マロ」。かつて個性派俳優としてならしたが、賭博行為で何度も捕まり芸能界から姿を消した。菊村が入所するとすぐに飲みに誘い、つるむようになる。

かなりいい加減な男という設定のようで、演じるミッキー・カーチスいわく、「わたし自身そのままです (笑)」。

「姫」九条摂子(くじょう・せつこ)=八千草薫

乙女のような清純さを持ち続ける永遠のマドンナ的存在で、通称は「姫」。90歳を超えてもなお美しく気品を保つ。「やすらぎの郷」の最初の入居者の一人で、施設内最上級グレードの「ビラ」に在住。

戦前に16歳でデビューした大スターで、菊村とは何度か仕事をともにしている。

どこかのんびりしたところがあり、子どものような部分も残っている可愛らしい人柄。しかし、意外に人間クサいところも…?独特の口調で発する「ねぇ…」が口癖。

「姫」こと九条摂子は戦前の大スター 演じるのは八千草薫

「大納言」岩倉正臣(いわくら・まさおみ)=山本圭

通称「大納言」。時代劇ドラマ「大納言」シリーズで70年代に一世を風靡したスター俳優。その後「新大納言」シリーズが当たらなくなり、「中納言シリーズ」で再びブレイクし「少納言シリーズ」で決定的にこける。

麻布に「大納言」という居酒屋を出したものの、それもつぶれて世の中から消え、やすらぎの郷に辿り着く。

「大納言」こと岩倉正臣 あだ名の由来、演じる俳優・山本圭について

やすらぎの郷・管理者、スタッフ キャスト

名倉みどり(なくら・みどり)=草刈民代

「やすらぎの郷」理事。

「やすらぎの郷」創設者で元大手芸能プロダクション「加納グループ」総帥・加納英吉の娘。父がつくりあげた「やすらぎの郷」を守り、入居者のプライバシーを守るために尽力する。

施設を取り仕切り冷静に仕事を行なうが、個性が強い入居者たちに振り回され、色々な事件に巻き込まれてしまう。

名倉修平(なくら・しゅうへい)=名高達男

みどりの夫。「やすらぎの郷」で理事長を務める。

元大学病院長の経歴を活かし、入居者たちを暖かく見守りながら定期的な診療も行なう。

松岡伸子(まつおか・のぶこ)=常盤貴子

「やすらぎの郷」のコンシェルジュ。入居者たちの世話のすべてを取り仕切る、実質的な現場責任者。

凛とした振る舞いと慎ましやかさで、入居者たちを見守る。

財前ゆかり(ざいぜん・ゆかり)=松岡茉優

「やすらぎの郷」施設内のバー「カサブランカ」で働く明るいバーテンダー。

いつもにこやかに周囲を和ませる存在感から、「ハッピー」「ハッピーちゃん」の愛称で親しまれている。

【やすらぎの郷】バーテンダー・ハッピーちゃん(財前ゆかり)演じる女優は松岡茉優

その他キャスト

菊村律子(きくむら・りつこ)=風吹ジュン

菊村の亡き妻で、元女優。認知症を患った後に亡くなってしまったが、今でも菊村の心を揺り動かす存在。

劇中では菊村の回想、空想の形でしばしば登場か。

▼詳しくは…
【やすらぎの郷】妻・菊村律子 女優・風吹ジュンが演じる

関連記事
老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」撮影ロケ地は伊豆・伊東市の「川奈ホテル」
【やすらぎの郷】出演俳優、女優の年齢は?平均年齢、最高齢女優は
【やすらぎの郷】「La Strada(ラ・ストラーダ)」の意味とは フェリーニの名作映画が関係?
昼ドラ「やすらぎの郷」 あらすじ、見どころまとめ
テレビ朝日・昼ドラ「やすらぎの郷」 放送時間、再放送予定など概要まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑