【透明なゆりかご】メガネの妊婦・菊田里佳子役 女優・平岩紙は「とと姉ちゃん」、ファブリーズCMにも出演

スポンサードリンク

NHKドラマ10「透明なゆりかご」第2回放送に平岩紙がゲスト女優として登場します。

この記事では、平岩紙が演じる妊婦・菊田里佳子についてまとめるとともに、女優・平岩紙のプロフィールなどをまとめます。

持病を持つ妊婦・菊田里佳子

平岩紙が演じるのは、メガネの妊婦・菊田里佳子役です。里佳子は重い持病(1型糖尿病に加え腎臓の悪化、網膜症も)を抱えており、もし無理やり出産に臨めば人工透析、失明に至る危険性があります。

このまま妊娠を継続すべきか大いに悩む里佳子ですが、由比院長(瀬戸康史)やアオイ(清原果耶)らと触れ合う中で、ひとつの答えを見出していきそうです。

女優・平岩紙 「大人計画」所属

▼女だらけの「花園女子刑務所」の受刑生活を描いたドラマ「女囚セブン」では、自称“日舞の名取”とアピールする後妻業のエロ女・津田桜子役を演じた平岩紙。

大きな黒縁メガネに、色白のか細い身体。妙にリアリティがある病弱な妊婦・里佳子役を演じているのは、大阪府吹田市出身の38歳の女優・平岩紙(ひらいわ・かみ)です。

本名は「平岩加奈」ですが、色白で紙のような白さの肌を持つため、所属する劇団「大人計画」の主宰である松尾スズキにより、「紙」という芸名が付けられています。

クドカン作品から「とと姉ちゃん」、ファブリーズCMまで

平岩紙は2000年から人気劇団「大人計画」(松尾スズキ、宮藤官九郎、阿部サダヲ、荒川良々ら個性的なメンツが揃う)に所属し、同劇団の舞台に多数出演。

また、テレビドラマ「仮面ライダーアギト」(2001年・テレビ朝日)、「ロッカーのハナコさん」シリーズ(2002年、2003年・NHK)、「木更津キャッツアイ」(2002年・TBS)、「マイガール」(2009年・テレビ朝日)、「独身貴族」(2013年・フジテレビ)などのテレビドラマ、映画「血と骨」(2004年)、映画版「ゲゲゲの女房」(2010年)など数々の映像作品にも出演。ほわーんとしたキャラクターからシリアスな役柄まで、幅広い演技で存在感を見せています。

近年ではNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016年)で仕出し屋「森田屋」のひょうひょうとした若女将役にてレギュラー出演をしたほか、P&G・ファブリーズのCM「熱血家族シリーズ」で松岡修造と夫婦役を演じてお茶の間にじわじわと笑いを巻き起こすなど、コメディエンヌとしての才能が光っています。

▼「木更津キャッツアイ」「マンハッタンラブストーリー」「アイデン&ティティ」など、宮藤官九郎作品への出演も多い平岩紙。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑