NHKドラマ10「半径5メートル」主な出演者・キャスト、登場人物まとめ

NHKドラマ10「半径5メートル」の主な出演者(キャスト)、登場人物をまとめます。

芳根京子と永作博美が「バディ」となり、「半径5メートルで起きる出来事」を女性週刊誌の記事に仕立て上げていきます。

週刊誌「女性ライフ」関係者

主人公・前田風未香(芳根京子)

この物語の主人公で、女性週刊誌「女性ライフ」で働く25歳の編集者。愛称は「ふーみん」。芸能ゴシップを追いかける「一折班」にいたが、スクープを取り逃がす大失態をおかし、読者の身近な話題を取り上げる「二折班」に飛ばされてしまう。

二折班でベテラン名物記者・宝子と出会った風未香は、宝子とコンビを組む中で新しい物の見方を発見していく。

芳根京子(よしね・きょうこ)は、東京都出身の24歳の女優。NHK朝ドラ「べっぴんさん」でヒロインを務めたほか、ドラマ「表参道高校合唱部!」「海月姫」などで主演。

二折名物フリー記者・亀山宝子(永作博美)

「女性ライフ」の二折班の名物フリー記者。担当する「さすらいのオバハンライター」のコーナーが人気。

二折班に異動してきた風未香の「バディ」となると、風未香を振り回しつつも、破天荒かつ柔軟な取材姿勢で風未香を牽引していく。手首の赤いミサンガにはある秘密が隠されており…。

▷永作博美(ながさく・ひろみ)は、茨城県行方市出身の50歳の女優、歌手。アイドルグループ「ribbon」で活躍した後にドラマ「陽のあたる場所」で女優デビュー。ブルーリボン賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第54回ブルーリボン賞主演女優賞などを受賞。ドラマ「週末婚」「婚外恋愛」「さよなら私」など主演多数。

イケメンフリー記者・山辺晃人(毎熊克哉)

「女性ライフ」一折班のフリー記者。人たらしなところがあり、相手の懐にスッと入っていくのが得意。

端正な顔立ちのイケメンであり、風未香は山辺の顔だけは「どストライク」。ある朝、風未香は目覚めると山辺とベッドを共にしていたことに気が付き…。

▷毎熊克哉(まいぐま・かつや)は、広島県福山市出身の34歳の俳優。映画「ケンとカズ」「北の桜守」「万引き家族」、ドラマ「まんぷく」「少年寅次郎」「恋はつづくよどこまでも」などに出演し人気上昇中。
NHKドラマ10「半径5メートル」フリー記者・山辺晃人 演じる俳優は毎熊克哉

▼「恋はつづくよどこまでも」で共演した主演の佐藤健(左)と毎熊克哉。

編集長・大沼亜希(真飛聖)

「女性ライフ」の編集長。息子がいるワーキングマザー。クールな出で立ちで時に厳しい物言いもするが、なんだかんだ部下たちを暖かく見守ってくれる頼もしい存在。一度はライター業を離れた宝子をもう一度この世界に引き戻した人物。

▷真飛聖(まとぶ・せい)は、神奈川県川崎市出身の44歳の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。ドラマ「相棒」「IQ246〜華麗なる事件簿〜」「隣の家族は青く見える」「あなたの番です」「その女、ジルバ」などに出演。クールな印象ながらコメディエンヌとしての才能も見せる。

二折編集者・藤川ますみ(山田真歩)

「女性ライフ」二折班の編集者。発言は基本的に辛口。夫は単身赴任中で、小学生の娘がいる。川柳と和の物が大好きで風流を愛する人物。

▷山田真歩(やまだ・まほ)は、東京都出身の39歳の女優。朝ドラ「花子とアン」の宇田川満代役で話題となると、ドラマ「トットちゃん!」「あなたの番です」「シャーロック」「少年寅次郎」などの人気作に出演。映画「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」で主演。
NHKドラマ10「半径5メートル」編集者・藤川ますみ 女優・山田真歩が演じる

二折編集者・海老原香織(北村有起哉)

「女性ライフ」二折班の編集者。知性あふれるトランスジェンダー女性。7年前に妻と離婚しており、娘が一人いる。微妙なメイクやファッションの違いなど、細部にまで気がつく感性をもっている。カミングアウトする前の男性時代の名前は「タカヒロ」。

▷北村有起哉(きたむら・ゆきや)は、東京都出身の46歳の俳優。父は昭和の名優・北村和夫。朝ドラ「わろてんか」「エール」やドラマ「ちかえもん」「アンナチュラル」「美食探偵 明智五郎」をはじめ、名バイプレイヤーとして数々の作品に出演。

二折デスク・丸山洋平(尾美としのり)

「女性ライフ」二折班のデスク。班員たちにコーヒーを振る舞ってくれる優しいおじさん。現在は子どもたちも独立し、妻の絵美と二人で平和に暮らしている。

宝子が女性用風俗を取材すると、その利用者リストに絵美の名前を発見しパニックとなる。

▷尾美としのり(おみ・としのり)は、東京都出身の55歳の俳優。子役出身で、17歳の時に大林宣彦監督の映画「転校生」の主演に抜擢されると、続けて同監督の尾道三部作「時をかける少女」「さびしんぼう」にも主役級で出演。朝ドラ「てっぱん」で尾道の住職役を演じたほか、「あまちゃん」ではヒロインの頼りない父親役を演じ話題になっている。

一折デスク・田端博紀(三浦誠己)

「女性ライフ」一折班のデスク。風未香の元上司で、山辺は上司も田端の下で働く。仕事で結果を出せない風未香を大声で罵倒し、セクハラ・パワハラ気味な言動を見せるため、風未香は苦手にしている。10年前の「黒いサンタクロース事件」について後追い取材をしている。

一折出入りの記者?赤城圭吾(梅垣義明)

「女性ライフ」一折班で、風未香とともに尾行取材を行う仲間のおじさん。

U-NEXT


その他登場人物

第1話

人気俳優・浅田航(倉悠貴)

SNSで恋人・綿貫さおりとの匂わせを連発する人気若手俳優。一折メンバーは浅田の熱愛大スクープの目前まで行くが、風未香のミスで取り逃がしてしまう。第5話ではTVインタビューを受けている姿が登場し、児童養護施設育ちであることを語っている。

NHKドラマ10「半径5メートル」人気俳優・浅田航(あさだ・こう) 「おちょやん」弟役の倉悠貴が演じる

ベテラン女優・綿貫さおり(緒川たまき)

ベテラン大物俳優。30歳年下の俳優・浅田とのまさかの年の差交際が発覚する。

SNS主婦・アゲハさんこと寺本友里(前田亜季)

SNSのハンドルネーム「アゲハ」さん。スーパーでレトルトおでんを買おうとしたところ「おでんおじさん」に怒られてしまった主婦。そのことをSNS上につぶやいたところ、バズってしまい困惑している。すべてを管理下におこうとする夫のモラハラに苦しんでいる。

NHK「半径5メートル」おでんおじさん「おでんぐらい自分で作れ」 モデル(元ネタ)はSNSのポテサラ論争か

アゲハさんの夫・寺本久典(黒田大輔)

「アゲハさん」の夫。レトルト食品は禁止し、お金の管理もすべて自分で行うなど、妻を徹底的に管理下に置いている。家では横柄に妻に接するが、外ではフードデリバリーの仕事で疲弊している。

こんにゃく農家・三田(俵木藤汰)

風未香と宝子が取材のために訪ねるこんにゃく農家のおじさん。

第2話

丸山の妻・絵美(片岡礼子)

二折デスク・丸山の妻。宝子が「出張ホスト」を取材する中で、利用者の中に絵美が居ることに気がついた丸山は愕然とする。絵美は夫との関係が希薄になっていることに寂しさを覚えており、そんな折に子宮のがんが発覚してしまう。

出張ホスト・レイジ(木村達成)

風未香が取材する「出張ホスト」のレイジ役。180cmのイケメンで聞き上手。取材をしていた風未香も知らずしらずのうちにレイジの接客テクニックに癒やされていく。

NHKドラマ「半径5メートル」俳優・木村達成が出演 イケメン出張ホスト役か

医師・清水(池田良)

がんが発見された絵美の担当医師。悪気はないようだが、絵美が50歳であることから子宮を取ってもまったく問題ないと軽々しく言ってしまう。

第3話

風未香の母・祥子(いしのようこ)

風未香の母。風未香が書いたカリスマミニマリストの記事に影響を受けて断捨離をしまくるようになってしまい、長年家族で囲んできたダイニングテーブルまで捨ててしまう。

風未香の父・和彦(小林隆)

風未香の父。祥子が大切なダイニングテーブルに捨ててしまったことに激怒し、大喧嘩になってしまう。

絵本作家・いずみようじ(塚本晋也)

風未香が書いたミニマリストの記事が騒動を巻き起こす中、宝子は「私はこれを捨てません」というテーマの記事を書こうと言い出し、絵本作家のいずみようじの家などに風未香を連れ回す。いずみようじは、風未香が大切にしている絵本「すうとまあ」の作者。

第4話

香織の娘・怜奈(上野鈴華)

二折の編集者・海老原香織の娘。トランスジェンダーであることをカミングアウトして離婚した香織は、若い女性「マツボックリさん」になりすまして「ドングリちゃん」こと実娘の怜奈とSNSで繋がっている。香織は怜奈からどうしても会いたいと食い下がられてしまい…。

NHKドラマ「半径5メートル」香織の娘・怜奈 女優の上野鈴華が演じる

香織の元妻・甲斐知美(堀夏子)

二折の編集者・海老原香織の元妻。トランスジェンダーであることを香織からカミングアウトされた妻は、香織(タカヒロ)を男としてしか愛せない、受け入れられるわけないとして離婚の道を選んでいる。

市川満(岩田知幸)

宝子が取材のためにSNS上で家出女子高生になりすまし、待ち合わせをした中年男性。市川に下心はなく、困っている子どもたちを無償で保護する活動を続けているらしい。

第5話、6話

マキヤ製菓社長・巻上俊彦(緒形直人)

10年前にクリスマスケーキを施設の子どもたちに寄付して回り、ヒーロー視されていた社長。風未香は児童養護施設に匿名で寄付する人たちに興味を持ち、「黒いサンタクロース事件」の当事者・巻上の存在を知ることになる。巻上は第5,6話で明かされる宝子の意外な過去に関わるキーマンとのこと。

NHKドラマ10「半径5メートル」ロケ地 児童養護施設・明星養育園と海 千葉県富津市の「新舞子海岸」一帯で撮影か

女性活躍担当大臣・森岡忠彦(羽場裕一)

テレビニュースのインタビューを受けていた女性活躍担当大臣・森岡忠彦。「女性の自立を考える会」に参加し、日本のジェンダー意識をもっともらしく批判するが、自身はセクハラ三昧であり…。

俳優・沢渡大吾(玉置玲央)

「女性ライフ」のグラビアページを飾った人気俳優。男にはわからない「エロさ」を持っていると二折編集者・藤川ますみが力説。勝山組の組長と親しげにしている写真が「女性ライフ」一折にもたらされ、スクープ記事として発売すると大騒ぎに。

ルミナスエージェンシー・藤田明夫(大澄賢也)

沢渡大吾と勝山組長との密会スクープ写真のネタ提供者。芸能界の闇で暗躍しているというキナ臭い噂があり、決して信用できる相手ではないが…。

明星養育圓・立花早苗(毬谷友子)

巻上が働く愛知県西尾市の「明星養育圓」で働く女性。

「週間事実」記者・上野智治(金井勇太)

雑誌「週間事実」の記者。沢渡のスクープ記事の後追い取材をしており、当事者の山辺に接触をはかる。

瀬川ちなつ(小野ゆり子)

女性活躍担当大臣の森岡から繰り返しセクハラを受けていた女性。セクハラ告白記事の取り下げを考え直してほしいと宝子からお願いされる。ちなつはかつて、巻上が出入りしていた児童養護施設にいた。

施設の中学生(新井美羽)

第6話で出演。巻上が働く児童養護施設「明星養育園」にいる中学生。「おばはんライター」宝子を見るとサインをねだる。巻上になついており、「マッキー」と呼んでいる。

▷新井美羽(あらい・みう)は、東京都出身の14歳の子役。「おんな城主 直虎」「わろてんか」で主人公の幼少期を演じるなど天才子役として活躍。

7話

美術評論家・青葉美砂子(阿川佐和子)

風未香がますみとともに担当につく高名な美術評論家。美砂子は「働く母親たちの憧れ」であり、ますみは憧れていた美砂子の連載エッセイの担当編集者になれたことを喜ぶが、ワンオペでの子育てにより仕事に穴を開けてしまいがちなことに対し苦言を呈されて…。

ますみの娘・あかり(野澤しおり)

2折編集者・ますみの9歳になる娘。あかりの心身が不安定になり、ますみが仕事を休むことが増えると、風未香はそのフォローに四苦八苦することに。
NHKドラマ10「半径5メートル」ますみの娘・藤川あかり 子役の野澤しおりが演じる

ますみの夫・藤川隆弘(竹井亮介)

単身赴任中のますみの夫。月に一回しか家に帰ってこられないため、ますみはワンオペで娘のあかりを育てている状態。夫婦仲は悪くない。

棋士の夫婦(江良潤、松浦佐知子)

同業者カップルの記事を書くために、風未香が最初に取材した将棋の棋士夫婦。取材中に日頃の不平不満をぶつけあい始めると、大げんかになってしまう。

朗読ボーイのリピーター客と夫=漫画家夫婦(村松えり、世志男)

山辺が体当たり取材のために行った「面白バイト」のひとつ、「朗読ボーイ」のリピーター客だった妻と、その夫。夫婦はともに漫画家であり、風未香は同業者カップルの記事を書くために二人にインタビューを行った。

8話

風未香の恩師・阿南凛(須藤理彩)

風未香が宝子と立ち寄った喫茶店で再会する、中学時代の塾の恩師・阿南。風未香は勉強の楽しさを教えてくれた阿南に感謝をしているが、阿南が就職氷河期世代であり、今も昔もアルバイトの立場であることを知る。
NHKドラマ10「半径5メートル」恩師・阿南(あなみ)先生 女優・須藤理彩が演じる

インフルエンサー・須川恵美子(渡辺真起子)

阿南との再会により就職氷河期世代の現状が気になり始めた風未香は、氷河期世代のインフルエンサー・須川を取材することになる。須川は「野良犬は野垂れ死ぬしかないってか」というハンドルネームでSNS上で情報を発信。3年前に契約社員として働いていた会社から突如雇い止めをされて係争中のアラフィフシングル。
NHKドラマ10「半径5メートル」インフルエンサー・須川 女優・渡辺真起子が演じる

中学生時代の風未香(石井心咲)

恩師・阿南との回想シーンで登場。阿南から肉まんをおごってもらい励まされ、勉強の楽しさを教わった。

弁護士・金崎美子(梅舟惟永)

氷河期のインフルエンサー・須川が相談を持ちかけている新橋市民法律事務所の弁護士。

最終話

ITベンチャー社長・興津美咲(西原亜希)

俳優・浅田航の新たな恋人だという報道が出た、やり手のITベンチャー社長。新しい子育てアプリを自治体に納入しているが…。
NHKドラマ10「半径5メートル」IT社長・興津美咲 女優の西原亜希が演じる

関連記事
NHKドラマ10「半径5メートル」レトロな喫茶店「シベリア」 撮影ロケ地は「シルビア 西新井店」
NHKドラマ10「半径5メートル」第1話のロケ地まとめ コンビニ、バッティングセンター、ホテルほか
NHKドラマ10「半径5メートル」第2話のロケ地まとめ レイジとデート 原宿駅、カフェ、図書館、谷中銀座
NHKドラマ10「半径5メートル」ロケ地 児童養護施設・明星養育園と海 千葉県富津市の「新舞子海岸」一帯で撮影か

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑