NHKドラマ10「半径5メートル」IT社長・興津美咲 女優の西原亜希が演じる

NHKドラマ10「半径5メートル」最終話に登場するやり手のITベンチャー社長・興津美咲(おきつ・みさき)の人物像などをまとめます。

興津美咲を演じているのは、「花より男子」「ラスト・フレンズ」などのドラマに出演した経験を持つ女優・西原亜希(にしはら・あき)です。

浅田航の新恋人?興津美咲

興津美咲(西原亜希)は、「知って得する子育てお助けアプリ」などを手掛けるやり手のIT系社長。かつて風未香が熱愛スクープを追いかけた人気俳優・浅田航(倉悠貴)との間に交際報道が流れるなど、なにかと話題の多い女性です。

風未香と宝子(永作博美)は、美咲の会社が手掛ける子育てアプリの取材を手がけようとすると、自治体に納入しているというそのアプリに不具合が多発していることを知ります。

一折の山辺(毎熊克哉)は美咲のとある過去を暴露し、子育てアプリに対して批判的なスタンスで記事をぶちまけますが、風未香は子育てアプリと美咲の過去とを結びつける記事の方向性に納得がいかず、独自の視点で取材を開始し…。

女優・西原亜希

最終話の鍵を握る重要人物・興津美咲を演じているのは、神奈川県横浜市出身の33歳の女優・西原亜希(にしはら・あき)です。

中学生時代に原宿でスカウトされたことをキッカケに芸能界入りした西原亜希。アサヒ飲料 「三ツ矢サイダー」、JR東日本「Suica」(ともに2004年)のCMなどに出演して話題になると、次第に女優として脚光を浴びていきます。

2005年に単発ドラマ「音のない青空」(フジテレビ)で主演を務めると、同年の「白線流し〜夢見る頃を過ぎても」(フジテレビ)の女子高生・後藤加奈役、「花より男子」シリーズ(TBS・2007年に続編)に主人公の友人・松岡優紀役で出演。

その後も「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」(2007年・フジテレビ・花上さやか役)、「花嫁とパパ」(2007年・フジテレビ・金山初音役)、「サンシャイン デイズ」(2007年・tvk・主演 神宮寺ひかり役)、「ラスト・フレンズ」(2008年・フジテレビ・平塚令奈役)、「白と黒」(2008年・東海テレビ・主演 神室礼子役)などの人気作に多数出演。人気女優としての地位を獲得しています。

2009年にはNHK大河ドラマ「天地人」で主人公・直江兼続の父の後妻・よし役で出演。2011年のTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり(最終シリーズ)」の長谷部まひる役、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」のヒロインの学友・瀬川典子役など大物作品にもレギュラー出演するなど、広くお茶の間に知られる存在になっています。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑