【あさが来た】姉・はつは死なない!物語終盤まで登場へ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」に登場しているヒロインの姉・はつ(宮﨑あおい)。史実のモデルである三井春は若くして亡くなっているのですが、ドラマではこの設定が変更され、はつの「その後の人生」も描かれるようです。

はつは死なない!

眉山はつのモデルである三井春は、広岡浅子(あさのモデル)の異母姉で、天王寺屋に嫁いだ後に御家が没落。25歳(27歳?)という若さで、不遇のうちにこの世を去ったといわれます。(※第11週現在、はつの年齢はすでに25歳を超えています。)

ドラマ開始当初から、はつがモデル・三井春と同じく若くして亡くなってしまうのでは?と心配されていましたが、ここに来て、はつが物語終盤まで登場しそうだということがわかってきました。

「女性セブン」などの記事でも報じていますが、視聴者からのはつの人気は大変なもの。「はつを死なせないで!」という視聴者からの声がNHKに殺到しているとのことです。

この声に応じたのか、あるいは当初からの予定通りなのか、はつは若死せずにドラマの終盤まで登場することになりそうです。

はつとあさの再会、息子たちの再登場も

第10週で放送された眉山一家の和歌山への旅立ちの場面では、「あさとはつが大阪で再会するのは、ずっと後のことになるのでした」というナレーションが入り、はつの再登場、それも年月を重ねた後でのあさとの再会が示唆されました。

また、先日発表された物語後半の新キャストの中には大人になった眉山藍之助(森山大地)、養之助(西畑大吾)兄弟も名を連ねており、眉山一家の「その後」についても、今後描かれるようです。

NHKによれば、長男・藍之助は商人を志しあさの元へ、次男・養之助はのんびり育ち和歌山で両親のみかん園を継ぐ、という展開になるとのこと。今井と眉山の血を引いた藍之助、養之助兄弟が祖母・菊(萬田久子)の無念を消し去る日が来るかも知れません。

はつとあさ 対照的な姉妹

「あさが来た」において、はつとあさの姉妹は常に光と陰のような存在です。お互いに正反対の人生を歩みながらも、「どちらが幸せか」、本当のところは当人たちにもわからずじまい。はつの存在があるからこそ、あさの人生やドラマストーリーが「商い」「銭稼ぎ」だけに塗りつぶされずに、彩りのあるものになっているようにも思われます。

波瑠とともに「ダブルヒロイン」ともいわれる実力者・宮﨑あおいが、物語終盤にかけても存在感を示していきそうです。

関連記事
【あさが来た・2月10日】はつに対する菊、栄達の本音が語られる
【あさが来た】藍之助役を演じる俳優・森下大地の経歴、性格等まとめ
【あさが来た】はつ次男・養之助を演じるのは西畑大吾 「ごちそうさん」活男の生まれ変わり!?
【あさが来た】大人になった眉山藍之助(森下大地)が登場 後継者?千代の結婚相手??
【あさが来た】宮﨑あおい演じる姉・今井(眉山)はつ モデルは広岡浅子の異母姉・三井春
【あさが来た】眉山藍之助・養之助兄弟のその後 再登場あり!
【あさが来た】モデル・広岡浅子に子供、子孫はいる?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑