【あさが来た】襲名披露(八代目加野屋久左衛門・榮三郎)主要出席者まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」12月2日(水)放送分より。いよいよ八代目「加野屋久左衛門」を継ぐことになった白岡榮三郎(桐山照史)の襲名披露が行なわれます。

この記事では襲名披露の様子と、出席した来賓客、メンバーをまとめます。

45年ぶりの襲名披露

七代目・正吉(近藤正臣)の突然の引退宣言により、急遽巡ってきた榮三郎の八代目襲名。榮三郎にはまだ嫁がいないため、あさ(波瑠)が加野屋の奥として襲名披露の一切を取り仕切ることになります。加野屋にとって襲名披露は実に45年ぶりのこと。あさは大役を任され、身が引き締まる思いで当日を迎えます。

前代未聞 女性のあさが居並ぶ

当日、あさはよの(風吹ジュン)から、加野屋の男達と一緒に襲名披露の席に居並ぶように言われます。これは当主・正吉の意向であり、あさが加野屋の中心人物であると認められているからこそのこと。当時、商人の襲名披露に女性が居並ぶというのは前代未聞でしたが、あさが加野屋の重役であることを内外にアピールする、という正吉の意図があるものと思われます。

あさはよのが嫁入りの時に持たされたという縁起のいい着物を着て、襲名披露に出席します。

襲名披露に出席した主要人物

襲名披露に出席した主要人物は、以下の通り。

加野屋
・白岡榮三郎(八代目)
・白岡正吉(七代目)
・白岡新次郎(後見人)
・白岡あさ(後見人)

・雁助
・亀助
・よの
・(野菜を届けにきたはつも、遠くから見守る)

主な来賓客
・五代友厚(ディーン・フジオカ)
・山屋与平(南条好輝)
・祇園屋(旭堂南陵)
・天神屋(林家竹丸)
・神田屋(笑福亭銀瓶) ほか

五代友厚と山屋与平が援護射撃

あさが襲名披露の場に登場すると、加野屋の男衆と肩を並べるあさの姿に対し、来客から戸惑い、どよめきが起こります。

しかし加野屋の御家事情を熟知している五代友厚、山屋与平らの発言の後押しにより場は和み、来賓客もあさの出席を好意的に受け取るところとなり、襲名披露は無事終了。八代目・加野屋久左衛門並びに後見人の白岡新次郎・あさ夫妻の存在は、広く大阪商人の間に認められることになります。

関連記事
【あさが来た】義弟・白岡榮三郎のモデルは広岡正秋(九代目加島屋久右衛門)
【あさが来た】白岡榮三郎を演じるのは桐山照史(ジャニーズWEST)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑