【あさが来た】眉山菊(萬田久子)の嫁イビリがスタート!その理由、内容とは

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で、はつ(宮﨑あおい)に対し強烈な”嫁いびり”を繰り広げることになる姑・眉山菊(萬田久子)。この記事では、菊がはつに辛くあたり始める理由、イビリの内容などをまとめます。

あれ、意外に優しい?姑・菊

はつの父・忠興(升毅)は、初対面からクセがある菊に対して良い印象を持っていませんでした。山王寺屋の自慢話を繰り替えし、他人の話を遮ってまでしゃしゃり出てくる菊の人柄を危惧していたのです。はつ自身も、どこか冷え冷えとした家風の山王寺屋に嫁入りすることを心配していました。

しかし、はつがいざ嫁入りしてみると、眉山家ははつのためにたくさんの反物を用意し自由に選ばせ、姑・菊もニコやかにはつに接するなど、思いの外はつは大切にされます。

ところが。

穏やかに進むと思われたはつの生活も、結婚から一年ほどたった時期の「ある出来事」をキッカケに激変します。

菊のプライドを傷つけた発言

▼菊を演じる萬田久子は大阪府大阪市の出身。流暢な大阪言葉での嫁いびりに期待。

かねてから山王寺屋の財政状況が厳しいのではと危惧していた母・梨江(寺島しのぶ)は、山王寺屋のはつのもとを訪ねた際に、はつに山王寺屋の景気を訪ねます。

この会話をプライドが高い菊が盗み聞きしてしまったから大変。誇り高き山王寺屋の存在が自身のアイデンティティそのものである菊は、プライドを踏みにじられたと感じたのか、これを境にして猛烈な「嫁いびり」を開始します。

菊の「嫁イビリ」その内容

菊は子供が出来ないはつにイヤミを言ったりはつを蔵に閉じ込めたり、「疫病神」扱いして商売の傾きをはつのせいにするなど、強烈な八つ当たりを繰り返すようになります。

はつは、暴君と化した菊の支配下となり、外出も許されない過酷な扱いを受けます。少しずつ気持ちが通じていたはずの「白蛇さん」こと夫・惣兵衛(柄本佑)もはつを助けることはせず、しばらくははつにとって辛い日々が続きそうです。

関連記事
【あさが来た】はつの姑・眉山菊を演じる萬田久子 強烈な嫁イビリキャラ
【あさが来た】萬田久子、風吹ジュン、寺島しのぶ 名女優が演じる「三人の母」の性格三者三様

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑