【あさが来た】あさの夫「加野屋」白岡新次郎 演じるのは玉木宏

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロイン・今井あさ(波瑠)が嫁ぐのが、名門両替屋「加野屋」の次男・白岡新次郎(玉木宏)です。この記事では、玉木宏演じる白岡新次郎(しろおかしんじろう)の人物像と、演じる俳優・玉木宏ついてまとめます。

親同士が決めた許嫁の相手「加野屋」の白岡新次郎

呉服屋と両替屋を営む京都の豪商・今井家の娘として生まれたヒロイン・あさ。あさは、親同士の取り決めにより幼い頃から大坂の名門両替商「加野屋」の次男・白岡新次郎の元へ嫁ぐことが決まっていました。好奇心旺盛で勉学にも興味があったあさは、逃れられない結婚に反発し、一度は嫁入りを拒否します。

しかし、ひょうひょうとして大らかな新次郎の人柄に触れるうちに、あさはやがて結婚を受け入れることになります。結果的にこの新次郎の大らかさ、人柄の良さがあさという嫁を引き寄せ、後の「加野屋」の運命を大きく変えていくことになります。

▲「あさが来た」の原作「小説土佐堀川」。明治を代表する女性起業家・広岡浅子の一代記で、ビジネス書としても楽しく読めます。

道楽者の新次郎 名門・加野屋の跡継ぎは

白岡家(加野屋)には次期当主となる有能な長男(新次郎の兄)・正太郎(木内義一)がおり、次男でボンボン育ちの新次郎は自由な道楽者に育っていました。

あさを妻として迎えてからも、新次郎は家業のビジネスにはまったく関心を示さず、三味線や茶道など、芸事に夢中の日々。ところが後継者・正太郎が予期せぬ早世をし、明治維新の混乱により家業の経営が悪化することで、白岡家は一転して御家の危機へと突入。頼りない新次郎に代わり、幼い頃から商いに対し鋭い嗅覚をみせていた嫁のあさが、加野屋を支えていくことになります。

あさを支える良き夫

物語序盤は道楽者であり「人の良さ」ばかりが取り柄の新次郎ですが、やがて新次郎がお遊びとしてハマっていた「芸事」が、加野屋の未来を切り拓く需要な役割を果たすことになります。あさが事業家として加野屋の屋台骨を支えるようになると、その実力を理解し、生涯に渡りあさを支えていくことになります。また、新次郎自身も次第に商いの道へと足を踏み入れていくことになりそうです。

女性は「三従」(生家では父に従い、嫁しては夫に従い、夫の死後は子供に従え、という女性に対する教え)が当たり前だった時代に、あさの実力を尊重し、奔放な行動を温かく見守る白岡新次郎。その穏やかな人柄は猪突猛進タイプのあさとは対照的で、激動のドラマの中で清涼剤ともなりそうです。

人気俳優・玉木宏出演作 朝ドラは二回目

白岡新次郎を演じるのは玉木宏。愛知県名古屋市出身の35歳で、映画、ドラマ、CMなど多数の作品に出演し続ける人気俳優です。

玉木宏が最初に注目を集めたのは、映画「ウォーターボーイズ」(2001年)で演じた「アフロヘアー」の高校生・佐藤勝正役。その後も端正な顔立ちを活かして、NHK 土曜ドラマ「氷壁」(2006年)の主演、「のだめカンタービレ」(2006年)のエリート音大生・千秋役などを演じ、人気俳優としての地位を確立。以降、次々に話題作に出演をしています。

NHKにおいても大河ドラマ「功名が辻」(2006年)の山内康豊役、「篤姫」(2008年)の坂本龍馬役、「平清盛」(2012年)の源義朝役として出演。

NHK連続テレビ小説は2003年の「こころ」でヒロイン・こころ(中越典子)が想いを寄せる新潟山古志村の花火職人・堀田匠役を演じて以来の出演となります。

関連記事
【あさが来た】白岡新次郎のモデルは「尼崎紡績(のちのユニチカ)」初代社長・広岡信五郎
【あさが来た】ヒロイン(今井あさ)モデル・広岡浅子が関わった企業、事業、団体まとめ
【あさが来た】宮﨑あおい演じる姉・今井はつ モデルは広岡浅子の異母姉・三井春
【あさが来た】あさと新次郎夫婦のドラマ上の年齢差は?玉木宏、鈴木梨央、波瑠の実年齢は?
【あさが来た】白岡新次郎は分家の養子 あさは「分家の嫁」である件まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑