【べっぴんさん】第4回・10月6日(木)あらすじ、登場人物キャスト 紀夫、すみれに恋をする

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」10月6日(木)放送、第4回分のあらすじ、出演キャストなどをまとめます。

この日の放送では、靴職人・麻田茂男(市村正親)の仕事ぶりに感激したすみれ(渡邉このみ)が、改めて母のために刺繍に挑戦する様子が描かれました。

五十八の激怒

すみれが許可を得ずに「あさや」に行ったことに激怒した父・五十八(生瀬勝久)は、「あさや」店主・麻田茂男に対しても怒りが収まらない様子で、長年の付き合いがある麻田に対し、取引を中止することを伝えます。

これに責任を感じたすみれは、今回の行動はすべて自分の責任だということ、今後も人生の節目には麻田の靴を履き続けたいことを口下手なりに必死に父に訴え、何とかその場を収めます。

どうやら五十八の驚くほどの激高は、娘に何かあったら病床の妻・はな(菅野美穂)に顔向け出来ないという気持ちからのものだったようです。

母のための刺繍

騒動が落着し、姉・ゆり(内田彩花)に届けられた麻田の靴の出来映えに改めて感激したすみれは、「想いをこめることが大切」という麻田の言葉を思い出し、再び母のために刺繍を縫い始めます。

こうして完成した刺繍を見たはなは「一生の宝物や、別品やな」と大感激。もっと上手くなりたいと教えを請うすみれに対し、はなは時を慈しむように刺繍を教えます。

しかし、この幸福な時間も永遠のものではありません。はなの命は残り少ない…。医師からそう告げられた五十八は、一日だけでもいいので、子供たちのためにはなの退院許可を出して貰えないかと医師に相談するのでした。

第4回 内容総括

いよいよはなの命の期限が迫ってきているようです。自らの運命を悟り、「幸せすぎてこの世から去り難い」と胸を痛めるはなは、改めてすみれに四つ葉のクローバーが持つ「勇気・愛情・信頼・希望」の意味を言って聞かせ、娘たちの幸せな人生を願うのでした。

一方この日の放送では、初めて田中紀夫(玉山詩)がすみれに対し「淡い恋心」を抱く場面がありました。口下手ながら強い芯を持つすみれに、紀夫は次第に興味を抱いていくのですが…。

第4回 登場人物、出演キャスト

坂東すみれ・少女時代(渡邉このみ)
坂東ゆり・少女時代(内田彩花)
坂東五十八(生瀬勝久)
坂東はな・語り(菅野美穂)
野上正蔵(名倉潤)
井口忠一郎(曾我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

麻田茂男(市村正親)
田中五郎(堀内正美)
野上潔・少年時代(大八木凱斗)
小野明美・少女時代(坪内花菜)
田中紀夫・少年時代(玉山詩)

(役名なし)
後藤基治

関連記事
【べっぴんさん】四つ葉のクローバーが持つ意味、象徴とは 4人の仲間、4人の家族
【べっぴんさん】第1回・10月3日(月)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第2回・10月4日(火)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第3回・10月5日(水)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第5回・10月7日(金)放送分あらすじ、登場人物キャストまとめ
【べっぴんさん】第6回・10月8日(土)あらすじ、登場人物キャスト 潔に召集令状、悦子様登場

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑