【べっぴんさん】第12回・10月15日(土)あらすじ、登場人物キャスト 近江に疎開、そして終戦

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」10月15日(土)放送、第12回分の内容あらすじ、出演キャストなどをまとめます。

この日の放送では、すみれ(芳根京子)たちが神戸から近江の坂東本家に疎開。ひとまず戦火は逃れたものの、少々意地が悪い本家の人々との生活は、決して居心地が良いものではありませんでした。そしていよいよ終戦を迎え…。

坂東営業部の消滅 近江へ疎開

日本の戦局が悪化してくると、国からの指示により坂東営業部は吸収合併の憂き目に遭い、事実上消滅してしまいます。ゆり(蓮佛美沙子)は、いずれ潔が戦地から戻り次第、奪われた会社を取り戻すことを五十八(生瀬勝久)に約束します。

五十八は会社の後処理を正蔵に任せ、一家揃って(五十八、ゆり、すみれ、さくら、喜代)近江の坂東本家に疎開することを決断します。近江坂東家は五十八の実家であり、本来であれば五十八一家は温かく迎え入れられるところですが、どうやらそうとはいかないようです。

五十八の兄・坂東長太郎(本田博太郎)は繰り返し嫌味を言い放ち、長太郎の息子の嫁・静子(三倉茉奈)はさくらの夜泣きを「あんなに泣くやなんて、ちょっとおかしいんやないかと思うんやけど」とトゲのある物言いで咎めます。

終戦、神戸は焼け野原に

やがて神戸での激しい空襲を経て、昭和20年8月15日、日本は敗戦の日を迎えます。

近江で玉音放送を聞いたすみれは神戸へと向かいますが、あたりは一面の焼け野原。家族との思い出が詰まった坂東家のお屋敷も焼け落ちており、見るも無惨な姿になっていました。

「戦争、終ったんやね。紀夫さんは、潔さんは、絶対に帰ってくる」

家は失ったものの、さくらという守るべき存在が背中にいることを実感したすみれ。気を取り直したすみれは、坂東家屋敷の焼け跡に「坂東家は近江の本家におります」という立て看板を設置し、紀夫と潔の帰りを待つことにします。

第12回総括、内容まとめ

第2週は矢継ぎ早にストーリーが進むスピーディーな展開となりましたが、この日の放送では疎開から終戦までが一気に描かれました。

劇中では、伯父の長太郎や本家の女性たちのねちっこいイヤミも炸裂。NHK大阪制作の朝ドラらしく(?)、クセのあるキャラクターたちが画面を賑わせ始めています。来週も本家の人々のいけずの応酬がありそうです。

あれよあれよとあっという間に会社もお屋敷も失ってしまった坂東家。いよいよすみれ、ゆり、そして男たちの、戦後の復興物語がスタートします。

第12回登場人物・出演キャスト

坂東すみれ(芳根京子)
坂東五十八(生瀬勝久)
野上ゆり(蓮佛美沙子)
坂東紀夫(永山絢斗)※回想写真

野上正蔵(名倉潤)
井口忠一郎(曾我廼家文童)
佐藤喜代(宮田圭子)

坂東トク子(中村玉緒)
坂東長太郎(本田博太郎)
坂東節子(山村紅葉)
坂東静子(三倉茉奈)
坂東慶一(溜大宙)

坂東はな・語り(菅野美穂)

(役名なし)
乾沙蘭
高崎夢架

関連記事
【べっぴんさん】第7回・10月10日(月)あらすじ、登場人物キャスト ゆりの直談判 潔への「告白」
【べっぴんさん】第8回・10月11日(火)あらすじ、登場人物キャスト ゆりと潔が結婚 長太郎初登場
【べっぴんさん】第9回・10月12日(水)あらすじ、登場人物キャスト すみれに見合い話が舞い込む
【べっぴんさん】第10回・10月13日(木)あらすじ、登場人物キャスト すみれの結婚、妊娠
【べっぴんさん】第11回・10月14日(金)あらすじ、登場人物キャスト さくらを出産、明美と再会

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑