【べっぴんさん】第31回・11月7日(月)あらすじ、登場人物キャスト 明美の覚悟

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」11月7日(月)放送、第31回分の内容あらすじ、出演キャストなどをまとめます。

病院を解雇されたことを言い出なかった明美ですが、この日の放送で仲間たちにその事実をカミングアウト。一方、君枝は夫に仕事のことがバレて…。

本気度を問う明美

すみれと明美が懸命にテーブルクロスを仕上げようと奮闘していると、退店した良子と君枝が店にやってきます。

やりかけだったテーブルクロスの進捗状況が気になり、在宅作業などで何か手伝えればと考えた良子と君枝でしたが、明美は「自分のために(※手伝えなかった自責の念を軽減させるために)中途半端なことするのやめてや。迷惑やわ」と二人を一喝します。

これに対し良子は、明美自身も看護婦の仕事の片手間ではないかと反論。すると明美は、自身が病院を解雇されてしまい、覚悟を持ってこの仕事に臨んでいることを打ち明けます。それを聞いた良子と君枝はそれ以上何も言えなくなり、申し訳なさそうに帰っていってしまいます。

君枝、仕事がバレる

その後、すみれと明美の努力によりテーブルクロスは無事完成。ランディ大佐夫婦もその出来映えに大喜びし、届けてくれたすみれたちを玄関先まで見送ります。

ランディ大佐夫人はたまたま玄関先に居合わせた君枝に対しても感謝の抱擁をしますが、それを見ていた君枝の夫・昭一は、君枝が働いていたという事実を悟り…。

第30回内容まとめ、総括

良心の呵責もあり、少しでも店に貢献しようと考えた良子と君枝でしたが、明美から「本気度」を問われると、何も言えなくなってしまいます。

すみれの牽引により事業への参加を決めた良子と君枝でしたが、現時点では本当の意味での「覚悟」を持って仕事に臨んでいたわけではなさそうです。第6週では、良子と君枝が再び店で働けるのかという顛末が中心になり、物語が進んでいきます。

また、ショーウインドウのワンピースを羨ましそうに眺める少女・美幸が初登場。何らかの伏線となりそうです。

第30回登場人物・出演キャスト

坂東すみれ(芳根京子)

小野明美(谷村美月)
小澤良子(百田夏菜子)
村田君枝(土村芳)

麻田茂男(市村正親)

村田昭一(平岡祐太)
村田琴子(いしのようこ)
佐藤喜代(宮田圭子)
ランディ大佐(ブレイク・クロフォード)
リサ(ミッシェル・タケ)
美幸(松田苺)

坂東はな・語り(菅野美穂)

(役名なし)
森本凛
池田橙哉

関連記事
【べっぴんさん】第33回・11月9日(水)あらすじ、登場人物キャスト 3つの売り文句
【べっぴんさん】第31回・11月8日(火)あらすじ、登場人物キャスト 君枝の決断

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑