「べっぴんさん」はどんな物語?ストーリー大筋、見どころなどまとめ

スポンサードリンク

2016年秋から放送が開始されているNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」。

この記事では、「べっぴんさん」がどのような物語なのか(大筋)、また、ヒロインが人生で何を成し遂げていくのかなどについてまとめます。

坂東すみれとは

芳根京子が演じるヒロイン・すみれは、口下手ながらも強い芯を持つ女性です。母の影響もあり幼い頃から刺繍が大好きだったすみれは、戦中戦後の混乱の中、次第に自らの特技を活かして仲間たちと仕事を立ち上げ、力強く生きていく道を模索し始めます。

すみれの人生のモチーフになっているのが、戦後に子供洋品販売企業「ファミリア」を興した坂野惇子の歩んだ半生です。「レナウン」創業者の娘、お嬢様として育った惇子は、戦中戦後の混乱で生活に困窮すると起業を決意。戦後、友人たちと小さなベビー洋品店を開業し、今日まで愛される優良企業を育て上げています。

「キアリス」と「坂東営業部」二つの物語

「べっぴんさん」のストーリーには、大きく二つの軸があるようです。

一つはメインストーリーである、すみれと仲間たちが中心になって立ち上げていく子供用品ブランド「キアリス」の成功物語です。ともに起業する「手芸倶楽部」の仲間たち、すみれを生涯に渡り支える夫、それにすみれの事業を手助けしてくれる靴店「あさや」店主や幼馴染みの野上潔ら周囲の人々の温かい姿が描かれます。

そしてもう一つ物語を彩りそうなのが、すみれの生家である坂東家の家業「坂東営業部」の行く末です。坂東営業部は戦中、国の統制下となり、急速に衰退していきます。坂東家の「跡取り娘」を意識して育ったすみれの姉・ゆり(蓮佛美沙子)や、ゆりの夫となる野上潔(高良健吾)は戦後、坂東営業部の再建のために苦闘を重ねます。互いの父・五十八、正蔵が築いた会社をもう一度、の思いを夫婦で共有していくのです。

「あさが来た」に似ている?

「キアリス」(=ファミリアがモデル)の妹夫婦の物語をメインとして、「坂東営業部」(=佐々木営業部・レナウンがモデル)の姉夫婦のサイドストーリーが展開されるー。

この図式は「あさが来た」でお嬢様育ちの姉妹、あさ(波瑠)・はつ(宮﨑あおい)がそれぞれ「加野屋」「山王寺屋」を守るために奮闘したストーリーに重なるかも知れません。

「べっぴんさん」では、姉・ゆりが結婚して「野上」姓に、妹・すみれが婿養子を迎え入れて「坂東」姓を守ります。姉妹が生家である「坂東家」とどう関わり、守り抜いていくのかが注目されます。

▲「べっぴんさん」と同じ、NHK大阪制作の「あさが来た」。大阪放送局は何らかの「朝ドラ・ヒットの法則」を掴んでいる!?

四つ葉のクローバー

「べっぴんさん」の物語の象徴となりそうなのが、ドラマ序盤から登場している「四つ葉のクローバー」です。四つの葉それぞれに「勇気・愛情・信頼・希望」の意味があるという四つ葉のクローバーは、四つの葉が揃うと幸福が訪れるとされます。

すみれの人生も、この「四つの葉」が揃うことで幸福なものになっていくー。そんな展開が描かれそうです。

また、自らの手で力強く生きていこうと奮闘する女性たちを支える男性陣、田中紀夫(永山絢斗)、野上潔(高良健吾)、麻田茂男(市村正親)らの存在も楽しみです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑