【べっぴんさん】大急百貨店社長・大島保(伊武雅刀)モデルは実在の阪急百貨店社長

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で伊武雅刀が演じている、大急百貨店社長・大島保についてまとめます。

大島社長にはモデルとなっている実在の人物が存在しますので、あわせてまとめておきます。

大急百貨店社長・大島保

良質な商品を扱う百貨店として高い人気を誇る大急百貨店。その社長を務める大島保(伊武雅刀)は、戦前の五十八、正蔵の時代から坂東営業部と親交がある人物です。

戦前、坂東営業部の紳士服ブランド「オライオン」に大急特選のお墨付きを与えていた大島社長ですが、潔(高良健吾)が婦人服ブランドとして「オライオン」の再興を目指すと、まだまだ未知数である新生・オライオンには大急特選マークを与えません。

大島社長は、情に流されず本当に良いもの売れるものを選び抜く、冷静な目を持っているようです。

キアリスが一押しの大島社長

そんな大島社長が現在イチオシで大急への出店を望んでいるのが、大島夫人が熱烈なファンだというキアリスでした。大急百貨店とキアリスは紀夫(永山絢斗)を仲介人として出店交渉を進めますが、どうにもキアリスの方向性と大急百貨店担当者が繰り出す大手ならではのやり方が噛み合ず、最終的にすみれは出店話を断ってしまいます。

ここで登場するのが、大島社長でした。大島社長は、キアリスが守ろうとする商いへのこだわりが必ず成功に結びつくものと確信。キアリスの大急出店を後押しし、その後も長きに渡りキアリスの良き理解者になっていくのです。

モデルは阪急百貨店社長・清水雅

この大急百貨店社長・大島保には、阪急百貨店社長・清水雅(阪急電鉄から分社して独立した阪急百貨店の初代社長だった)という実在のモデル人物が存在します。清水雅は、キアリスのモデル企業・ファミリアの成長を後押しし、長年に渡りファミリアを見守り続けました。

ファミリアと清水雅との出会いは、ファミリア創業後すぐのこと。神戸の街を夫人とともに散策していた清水雅は、ファミリアの店の前を通りかかると、同店の製品の縫製やデザインの美しさに感銘を受けます。

これがキッカケとなり、ファミリアは1951年(昭和26年)に大阪阪急百貨店内に「阪急ファミリアグループ」という名前で直営店をオープンさせています。

当初、商品に「阪急特選」のマークを付けた上での販売(阪急の商品として買い取る)が阪急から提示された条件でしたが(それでも諸々の条件はファミリアにとって破格の好待遇)、ファミリアの名前で売れないことや、商品の管理を自分たちで出来ないことなどに難色を示した坂野惇子(すみれのモデル人物)の意を汲んで、委託販売という形で「阪急ファミリアグループ」という名前を冠し、阪急への開店を果たしています。

ファミリアの大恩人に

社長の清水雅は、その後もファミリアの商いに深い理解を示していきます。

坂野惇子が阪急側とのちょっとしたトラブルからショーケースを返上しようとした際には、逆にショーケースを増やして阪急を代表する店になって欲しいと背中を後押し。また、阪急が東京に数寄屋橋阪急を開店させる際にはファミリアに出店要請をし、ファミリアの東京本格進出を後押しするなど、清水はファミリアの成長にとってなくてはならない大恩人になっていきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑