【べっぴんさん】「要冷蔵」って何者!?過去には「ごちそうさん」「あさが来た」にも登場

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の出演キャストクレジットにしばしば登場している「要冷蔵」という俳優について、ならびに要冷蔵が演じている役柄についてまとめます。

要冷蔵は、過去に大阪放送局制作の朝ドラ「ごちそうさん」「あさが来た」にも登場しています。

役名なし 要冷蔵とは

「べっぴんさん」第4週(10/24~29)、第5週(10/31~11/5)において、オープニングクレジットの中に「要冷蔵」という名前が登場しています。インパクトがある名前でありながら役名も付けられておらず、一体誰なんだ?と気になっている方も多いと思います。

10月末日現在、「要冷蔵」の名前がクレジットに登場したのは10月27日の第22回、10月29日の第24回、10月31日の第25回の計3回。

役名が付いていないために「要冷蔵」がどの役を演じているのか非常にわかりにくいのですが、どうやら闇市で潔、栄輔らに目を付け、連行しようと企てる警官の男(ハンチング帽)役のようです(※過去映像と画面を見比べて特定していますので、間違っていましたら訂正します)。31日の放送では潔を署に連行し、取調室で執拗に殴りつけていました。何やらこの警官たちは、闇市を取り仕切る根本(団時朗)らと裏で繋がっているようです。

かなめ・れいぞう

要冷蔵の読みは、「よう・れいぞう」ではなく、「かなめ・れいぞう」さん。大阪府出身の54歳の俳優で、「劇団往来」の座長を務めています。「劇団往来」は、「演劇はカーニバルだ!!芸術は場数だ!!」をモットーにして、1984年に大阪で設立された劇団です。「べっぴんさん」で田中紀夫の幼少期役を演じた子役・玉山詩(たまやま・うた)もこの劇団に所属しています。

要冷蔵は「劇団往来」の旗揚げ以来同劇団の公演にフル出演している他、映画「ブラックレイン」、テレビドラマ「お江戸吉原事件帖」(テレビ東京)、「新・いのちの現場から」「ひとりじゃないの」「婚姻関係」(毎日放送)などにも出演しています。

「ごちそうさん」「あさが来た」

熱心な朝ドラファンであれば、「要冷蔵」という文字に見覚えがある方もいるかも知れません。近作「ごちそうさん」では、西門悠太郎(東出昌大)が働く大阪市役所の総務局長・恩田役を演じ、「あさが来た」では、預金支払停止により加野銀行に押し寄せる和装の男を演じています。

芸名の由来は

気になる「要冷蔵」という名前ですが、本名ではありません(※本名は竹沢敦史)。芸名を付けようと悩んでいた時に、たまたま喉が渇いて牛乳を飲んだところ、そこに「要冷蔵」と書いてあったことが由来だとか(笑)。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑