「ちむどんどん」新聞記者・大野愛 女優の飯豊まりえが演じる

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に登場する女性記者・大野愛(おおの・あい)についてまとめます。

大野愛を演じているのは、「まれ」「岸辺露伴は動かない」シリーズなどに出演経験を持つ女優・飯豊まりえ(いいとよ・まりえ)です。

スポンサーリンク

目次

青柳和彦の婚約者 新聞記者の大野愛

少年時代に沖縄で特別な時間を過ごし、暢子(黒島結菜)とは幼なじみの関係にある青柳和彦(宮沢氷魚)。上京した暢子は新聞記者になっていた和彦と再会することになりますが、和彦には大野愛(飯豊まりえ)という恋人、婚約者がいました。

大野愛は和彦が働く新聞社「東洋新聞」の同僚で、昭和当時には珍しかった女性新聞記者です。

流行を取り入れながらも自分らしさを生かす、颯爽としたファッションに身を包む愛。田舎育ちで流行に疎い暢子とはどこか雰囲気が異なります。

愛は精神的に自立した女性であり、将来はファッション関係の記事を書きたいという夢を持っています。男性優位社会である新聞社において器用に立ち回る術を身に着けている愛ですが、夢の実現のために不器用ながらまっすぐに行動する暢子と出会うと、少しずつ生き方に変化を見せていきます。

愛は友人として暢子のことを応援していくことになりますが、次第に暢子と和彦が親密さを増していくと、二人の関係性が気になって仕方がなくなり…。

女優・飯豊まりえ「まれ」「岸辺露伴シリーズ」

大野愛を演じているのは、千葉県出身の24才の女優・飯豊まりえ(いいとよ・まりえ)です。

2008年に「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」でグランプリを受賞し、小学生向けのファッション誌「ニコ☆プチ」の人気専属モデルとして活躍した飯豊まりえ。

その後は姉妹雑誌「nicola」専属モデル「ニコモ」を務め、「Girls Award」「東京ガールズコレクション」などのファッションイベントにモデルとして参加するなど、ティーンの間で広く知られる存在となっています。※「ニコモ」は蒼井優、沢尻エリカ、新垣結衣、川口春奈、永野芽郁ら現在は大物女優となっている錚々たるメンバーが務めています。

先輩「ニコモ」たちと同様に、次第に女優としての活動も開始。2013年に特撮ドラマ「獣電戦隊キョウリュウジャー」(テレビ朝日系)で弥生ウルシェード / キョウリュウバイオレット役を演じると、2015年には「学校のカイダン」(日本テレビ系・伊吹玲奈役)、「アルジャーノンに花束を」(TBS系・白鳥花蓮役)などに出演。

同年にはNHK朝ドラ「まれ」の沢沙耶役に抜擢。物語終盤で、ヒロインが開く洋菓子店の従業員となる常連客役を好演しています。

これ以降、「MARS〜ただ、君を愛してる〜」(2016年・日本テレビ系・ヒロイン 麻生キラ役)、「嫌われる勇気」(2017年・フジテレビ系・間雁道子役)、「マジで航海してます。」(2017年・MBS・主演 坂本真鈴役)、「居酒屋ふじ」(2017年・テレビ東京系・ヒロイン 鯨井麻衣役)、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(2018年・TBS系・西留めぐみ=メグリン役)、「サイン -法医学者 柚木貴志の事件-」(2019年・テレビ朝日系・中園景役)、「家政夫のミタゾノ(第4シリーズ)」(2020年・テレビ朝日系・ヒロイン 霧島舞役)などの人気ドラマに主役級を含めた重要な役どころで次々と出演。売れっ子女優としての地位を確立しています。

2020年にはカリスマ的な人気を得たNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」シリーズにヒロイン・泉京香役で出演。主役の岸辺露伴(高橋一生)が生み出す独特かつ美意識あふれる世界観にすっと馴染み、名作ドラマの誕生に貢献しています。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる