「ドラゴン桜」岩崎楓の父と母 俳優・駿河太郎と馬渕英里何が演じる

TBS日曜劇場「ドラゴン桜(第2シリーズ)」に登場するバトミントン選手・岩崎楓(平手友梨奈)の父と母についてまとめます。

父・岩崎明人役を演じている駿河太郎は、笑福亭鶴瓶の長男です。

スポンサーリンク

目次

娘を英才教育 元トッププレイヤーの岩崎夫婦

龍海学園・東大専科に参加することになる女子高生・岩崎楓(平手友梨奈)は、もともと同校のバドミントン部に所属し、オリンピックを目指していたトップ選手でした。

楓の父である明人(駿河太郎)、母・裕子(馬渕英里何)は、ともに社会人バドミントンの選手として全国レベルの活躍を見せた元トッププレイヤー。娘の楓をオリンピック選手にするためにすべてを犠牲にし、なかば強制的に楓を英才教育してきました。

楓が怪我を隠した末に名門大学のスポーツ推薦の枠を逃したことを知った明人と裕子は、楓に対し激怒。龍海学園のバドミントン部を辞めさせ、いずれ怪我の回復を待って旧知のコーチの下に預けようと考えています。しかし、楓は東大受験という新たな夢を見つけて…。

父・明人役 駿河太郎は鶴瓶の息子

楓の父・明人役を演じているのは、兵庫県西宮市出身の43歳の俳優・駿河太郎(するが・たろう)。落語家でタレントとして活躍する笑福亭鶴瓶(本名・駿河学)の長男で、音楽活動(taro名義でメジャーデビュー、バンド「sleepydog」でも活動)を経て、30歳頃に俳優に転身しています。

2011年にNHK連続テレビ小説「カーネーション」で尾野真千子が演じたヒロイン・小原糸子の夫・川本勝役に大抜擢されると、2012年には大河ドラマ「平清盛」に平経盛役でレギュラー出演。2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でも松永久秀のライバル・筒井順慶役を演じています。

TBS日曜劇場「半沢直樹」(2013年)では伊勢島ホテルの社長・湯浅威で出演したほか、日曜劇場「小さな巨人」(2017年・TBS)、ドラマ「あなたには帰る家がある」(2018年・TBS)、「べしゃり暮らし」(2019年・テレビ朝日)など人気作に多数出演。二世タレントという枠を超え、名脇役としての地位を確立しています。

母・裕子役 女優・馬渕英里何

楓の母・裕子役を演じているのは、香川県三豊市出身の42歳の女優・馬渕英里何(まぶち・えりか)。1992年に第17回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得し、1993年に芸能界デビュー。以降、長年に渡り女優として活躍を続けています。

大ヒットとなったドラマシリーズ「白線流し」(1996年〜・フジテレビ)では、男女7人の主要メンバーの一人・橘冬美役で出演。信州・松本で青春時代を過ごし、後に上京して女優を目指す役柄を好演しています。

1998年にはドラマ「GTO」(関西テレビ)に教頭先生の娘・内山田好子役で出演。長期に渡りシリーズ化されたドラマ「渡る世間は鬼ばかり」でも、野田佐枝役でレギュラー出演をしています。NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」(2010年・戌井早苗役)、「梅ちゃん先生」(2012年・ 片岡弓子役)などにも出演するなど、多数の作品で活躍を見せています。

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる