NHKドラマ10に味方良介が出演 女性が苦手なメガネ男子・安東悠一役

NHKドラマ10「ドリームチーム」にミュージカルの舞台などで活躍する俳優・味方良介が出演します。

この記事では味方良介が演じる役柄や、味方良介の簡単なプロフィール、ドラマ出演履歴などをまとめます。

恩師の息子・安東悠一

味方良介が「ドリームチーム」で演じる役柄は、主人公たちの高校時代の恩師の息子でシステムエンジニアの安東悠一(あんどう ゆういち)役です。

悠一の父・勝仁(伊武雅刀)は高校の女子バスケットボール部で監督を務めた熱血漢で、自宅の一部をバスケ部の女子寮として開放していました。息子の悠一は多感な年頃に男勝りで気が強い女子たちの素性を知ってしまったため、大人になった今でも女性と話すことが大の苦手。独身のまま過ごしています。

バスケ部の歴代部長だった香菜(山口紗弥加)、優子(財前直見)、茜(桜庭ななみ)らが問題を抱えた末にかつての寮に転がり込んでくると、悠一の生活も一変していきそうです。

悠一は仕事ばかりで家庭を顧みなかった父のことを恨んでおり、父と長い時間を過ごした香菜たちから父の本当の姿を知っていく展開が予想されます。

化石好きで素朴な青年である悠一。茜によりSNS上の動画に出演させられると癒やしキャラが思わぬ人気となり…。

ミュージカルで目覚ましい活躍 味方良介

味方良介(みかた・りょうすけ)は、東京都出身の28歳の俳優です。小学生の頃にミュージカル「エリザベート」を観劇して感銘を受けミュージカル俳優を志し、その夢を実現させています。

2011年にミュージカルコンサート「恋するブロードウェイ♪」で舞台デビューすると、2012年からは大ヒットとなった「ミュージカル・テニスの王子様」に柳生比呂士役で出演し人気を集めています。

その後も「ミュージカル・薄桜鬼」(2013年)、「ちっちゃな英雄」(2015年・W主演)、「グランドホテル」(2016年)、「HAMLET-ハムレット-」(2019年)などのミュージカル作品に次々出演。

2017年からは史上最年少(当時24歳)でつかこうへいの代表的戯曲「熱海殺人事件」の主役・木村伝兵衛役(※過去には三浦洋一、風間杜夫、塩見三省、錦織一清、阿部寛ら錚々たるメンバーが演じてきた役柄)を演じるなど、目覚ましい活躍を見せています。

ドラマ「教場」「妖怪シェアハウス」

「ミュージカルの人」というイメージが強かった味方良介ですが、2020年には木村拓哉主演のフジテレビ系ドラマ「教場」に木村拓哉の教え子(教場訓練生)都築耀太役で出演。本格的にテレビドラマに進出しています。

同年、テレビ東京系ドラマ「ふろがーる!」に風呂の修理業者・温井守役でゲスト出演。

続くテレビ朝日系ドラマ「妖怪シェアハウス」では、陰陽師の末裔で新人神主の水岡譲役で出演。コメディ色がかなり強い同ドラマにおいて、陰陽師の所作を再現しつつ、重要人物を軽妙に演じています。

ほかにも放送日未定となっている市川海老蔵主演のフジテレビ系ドラマ「桶狭間 OKEHAZAMA〜織田信長〜」に服部小平太役で出演が決まるなど、急速にテレビへの露出を増やしている味方良介。「ドリームチーム」への出演で、さらに注目が集まりそうです。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑