竹元教授のヒゲとふ久の運命の出会い 天才の教えによりふ久の物理の才能が開花へ

スポンサードリンク

1月18日(土)放送のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。なんだかんだで元の鞘に納まった悠太郎(東出昌大)とめ以子の騒動も一段落し、西門家は久しぶりの一家団らん、カレーの日です。

その団らんの場にはなぜか竹元教授(ムロツヨシ)が居たわけですが(笑)、ここである二人が運命の(?)出会いを果たしました。

め以子が作った「牛すじカレー」を面倒くさい表現で絶賛し続け、挙句に悠太郎が死んだら「わたしがもらってやってもいいぞ、奥!」と、一人西門家の食卓で息巻く竹元。

なんだ猫娘!ふ久が竹元のヒゲに興味

そんな熱弁をふるう竹元に、何を思ったのか長女・ふ久(原見朋花)が近付き、ヒゲをしきりにさわり始めます。それに対し「なんだ猫娘!何がしたいんだ」(なんだね、小娘!と言った説もありますが、字幕では「猫娘」だったらしいです)と嫌がる竹元。ここのところ夫婦のドロドロ描写ばかりが目立っていたので、久しぶりにほっこりした一場面でした。

実はこの竹元とふ久の出会い。1月4週目から始まる第17週において、重要な意味を持ってきます。17週放送分からは、さらに時代は移り、昭和16年になっています。

竹元とふ久の関係は今後も継続

ふ久(松浦雅)は女学生になっているのですが、どうも皆と同じ事をさせる女学校の画一的な教育に馴染めない様子。そこでふ久はこっそり女学校を抜け出し、竹元に勉強を教わるようになっていたのです。

竹元とふ久。ともに変わり者同士、そして理系の天才肌同士、相通ずるものがあるのかも知れません。そして、この竹元によって、ふ久が持っている「才能」が開花していくと思われます。まさか、二人が恋仲になんてことは…さすがにないか(笑)。

関連記事
うま介の美青年は君沢ユウキ 縦縞シャツを褒め竹元の爆弾発言「女もいいが男もいい」を誘因
建築家・竹元勇三(ムロツヨシ)再登場!キャラが変わってメレブ(勇者ヨシヒコ)に近付いた?
「ごちそうさん」め以子の長女・ふ久の性格は?父親似?母親似?
「ごちそうさん」昭和編・め以子の三人の子供は松浦雅、菅田将暉、西畑大吾が演じる?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑