宮崎美子演じるお静さん、いよいよ性悪の本性が発動?ごちそうさん七週目バトルは義母にも飛び火か

スポンサードリンク

大阪編での衝撃的な小姑・和枝との出会い、そして明け暮れる二人のバトルにも慣れてきた「ごちそうさん」第七週。これまで一見ニコやかにしていた母・静(宮崎美子)が、徐々に本性を現してくるようです。

西門家の父(行方不明)の後妻である静は、長女の和枝に家事の一切を仕切られており、家庭内では立つ瀬がありません。その鬱憤もあってか「着道楽」に走っている、という事前情報がNHKからも発表されています。

いよいよ宮崎美子の本性発動?

どうやらそのニコやかな笑顔の裏に隠れた、お静さんの腹黒い(?=まだ不確定)一面が、徐々にめ以子を苦しめ始めるようです。第六週の最後、め以子がうっかり「和枝の恋人」の存在を静にほのめかしてしまったところ、なんともイヤラシい表情でその様子を嗅ぎ回る様は、今後の波乱を予見させるものと言えそうです。

考えてみれば、和枝の強烈な「イケズ」に隠れてはいましたが、お静さんはめ以子が洗濯した着物を「糊が効いていない」という理由で何度も突き返していたほか、め以子の非常識な行動に対してはしっかりと嫌悪感を示す表情を見せており、決してめ以子の全面的な味方というわけではないと思われます。今のところはそれらの行動にお静さんの悪意なのか、あるいは単に何も考えていない天然なのかは不明ですが…。

「大阪の食い倒れ」「京の着倒れ」

今後、お静さんは「着道楽」の度が過ぎて、西門家の家系を圧迫しているという事実が明るみに出てきます。

関西では「大阪の食い倒れ」「京都の着倒れ」「神戸の履き倒れ」なんていう三都の特徴を表した言葉があります。

「大阪の食い倒れ」は、地盤の悪かった大阪の町に「杭」を打って地盤を強化したことから、その費用の莫大さに「杭倒れ」という言葉が生まれ、後に大阪商人が「食い倒れ」として町を喧伝したという話があります。

対して「京の着倒れ」は、食生活が貧しかった京の人が着飾る事で貴族の気分を味わい、美意識を育んだという説、あるいは単に見栄っ張りで着物にお金を使いすぎて破綻していた説、そして他人へ気づかいをする「気倒れ」が語源とする説、など諸説あるようです。

「食」のストーリーに「衣」が乱入?

いずれにしても、め以子や和枝により「食」を中心としたストーリーが描かれてきた「ごちそうさん」に、新たに「衣」の要素も乱入してきて、今後ますます波乱が起こりそうです。

そして、熊本出身ながら小学生時には大阪在住経験も持つ宮崎美子の「大阪」っぷりも、楽しみなところです。

関連記事
お静と正蔵の出会い、馴れ初め 正蔵がついたやさしいウソとは
め以子家出で西門家が危ない?取り残された不仲の和枝とお静はますます険悪に
【ごちそうさん】大阪編・西門家の家族構成 悠太郎が抱える複雑な家庭事情とは?
西門家の年齢構成 和枝はお静と10歳差、希子とは21歳差 悠太郎とめ以子は5歳差カップル
悠太郎から語られた父・正蔵の過去まとめ 西門家の秘密を知っため以子は
キムラ緑子演じる和枝の「イケズ」はやりすぎ?案外ユルい?嫁いびりに賛否両論も
「ごちそうさん」は第6週から大阪編へ 新たなキャストも加わりいよいよ物語が本格化
【ごちそうさん】小姑・西門和枝を演じるキムラ緑子とは?経歴・性格等【嫁いじめ・いびり】
ごちそうさん大阪編 妹・希子役の高畑充希は8代目ピーターパン 歌手活動も
ごちそうさん「あんた、男でけたやろ」→杏・変顔→高瀬アナ笑い過ぎ!の流れが面白すぎた

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑