西門希子がラジオアナウンサーに 大阪のラジオ放送はいつ開始された?

スポンサードリンク

1月から昭和編に突入したNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。時代は関東大震災が発生した大正12年(1923年)から9年の時が過ぎ、昭和7年(1932年)になっています。

女学校を卒業した西門希子(高畑充希)は、ラジオ放送局にラジオ・アナウンサーとして勤務し始めています。

なぜか希子は採用面接で「焼氷の歌」を歌い出し、周囲に失笑を買いながらも難関を突破してしたのです。あれ、いつの間に大阪にラジオ局が出来たの?と疑問の方も多いと思います。

【歴史】日本でのラジオ放送開始は大正14年

大正12年の時点ではまだ日本ではラジオ放送は行われておらず、関東大震災によってラジオの重要性が認識されました。その2年後の大正14年(1925年)3月22日には、社団法人東京放送局(現NHK東京放送局)により、

「アーアー、聞こえますか。(間)JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始致します」

の声とともに、日本のラジオ放送がスタートします。この年の6月には社団法人大阪放送局(現NHK大阪放送局)が、7月には社団法人名古屋放送局(現NHK名古屋放送局)が放送を開始します。翌年には東京・大阪・名古屋の放送局が統合し、社団法人協会日本放送協会(NHK)が設立されます。

この日本放送協会は実質、政府機関的な性格を持っており、その後、国民向けの情報アナウンスに大きな力を持つことになります。

▼テレビ、インターネットとは違う文化を持つ「ラジオ」は、現在でもファンが多い。

昭和初期は庶民の娯楽に

さて、希子がラジオ局に勤務している昭和5年前後。この頃には徐々に受信機の改良、普及によりラジオが庶民の生活に浸透し始めていたようです。それとともに、音楽やスポーツ、芸能など多彩な番組が放送されるようになり、庶民の娯楽として定着していきます。

め以子(杏)が「ミセスキャベジ」なる謎のレシピ投稿人(正体はあの人ですが)とラジオ投稿合戦を繰り広げるなど、現在に至るラジオ文化の萌芽がこの頃には現われていたようです。

戦争突入でプロパガンダ装置に

なお終戦後である昭和25年(1950年)に「電波三法」が施行されるまでは日本には民間の放送局は存在せず、「日本放送協会」のみがラジオ放送を行っていたようです。ということで、希子は日本放送協会(現NHK)勤務という当時の女性としてはかなりハイカラなエリート街道(?)を歩んでいるようです。

昭和16年(1941年)に太平洋戦争が始まると、次第に大日本帝国・大本営発表を行うプロパガンダ装置としての性格を強めていくことになります。恐らく希子はこの頃には結婚退職をしていると思いますが…

関連記事
「鉱石ラジオ」「JOAK」とは?「花子とアン」歩が真似した初期のラジオ放送
「ミセスキャベジ」の正体は和枝か ハガキ職人・め以子の宿命のライバル
【ネタバレ】「ごちそうさん」希子の恋人・川久保を演じるのは茂山逸平
照生は希子、希子は源太が好き?ごちそうさんで芽生えつつある小さな恋の行方は?
「ごちそうさん」今後の年代別放送週予定 明治大正〜終戦までのタイムスケジュール

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑