【グランメゾン東京】ホテルコンシェルジュ・蛯名美優 女優・朝倉あきが演じる

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「グランメゾン東京」に女優の朝倉あきが出演します。

朝倉あきが演じるホテルコンシェルジュ・蛯名美優についてまとめるとともに、朝倉あきの簡単なプロフィールもまとめます。

コンシェルジュ・蛯名美優

蛯名美優(えびな・みゆ)は、平古祥平(玉森裕太)がシェフとして働く一流ホテルのコンシェルジュ。平古と美優は婚約をしており、美優は来たるべき平古との結婚を夢見て働いています。

美優の父は、大物都議会議員とのこと。権力者である父の存在が平古の仕事、そして二人の関係にどう影響を与えていくのかが注目されます。また、平古の同僚として働くパティシエ・松井萌絵(吉谷彩子)と美優との関係性も気になるところです。

▷配信サービスParaviでは、「グランメゾン」の配信版オリジナルスピンオフドラマ『グラグラメゾン♥東京 ~平子祥平の揺れる想い~』 が配信されていきます。配信は毎週の本編ドラマ終了後、深夜に開始となる見込み。仕事に恋に揺れる平古のサイドストーリーが描かれ、朝倉あき演じる蛯名美優も主要キャラクターとして出演します。

女優・朝倉あき

朝倉あきは神奈川県出身の28歳の女優。コニイという事務所に所属しています。

2007年にNHK BS hiドラマ「わたしが子どもだったころ 〜斉藤由貴編〜」に出演して女優デビューを果たすと、2008年にはドラマ「パズル」(テレビ朝日系・和田ひとみ役)、「猟奇的な彼女」(TBS・三澤朱音役)、「学校じゃ教えられない!」(日本テレビ・見城瞳役)などに出演。

NHK「とめはねっ! 鈴里高校書道部」「てっぱん」

2010年にはNHKドラマ「とめはねっ! 鈴里高校書道部」で主演・望月結希役に抜擢されるなど、順調な女優活動を展開。

同年のNHK朝ドラ「てっぱん」でもヒロインの親友・篠宮加奈役を演じ、注目を集めています。また、2013年には朝ドラ「純と愛」で宮里羽純役でレギュラー出演をしています。

「かぐや姫の物語」「四月の永い夢」

映画作品は「歓喜の歌」(2008年・大田綾香役)、「神様のカルテ」(2011年・水無陽子役)に出演し、スタジオジブリ・高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」(2013年)では主人公・かぐや姫の声を担当しています。

また「ハロウィンナイトメア」(2015年・森中紗季役)、「四月の永い夢」(2018年・滝本初海役)でも主演を務めています。

下町ロケットの紅一点・加納アキ

人気ドラマとなった2015年のTBS日曜劇場「下町ロケット」では、佃製作所の紅一点社員・加納アキ役を演じて話題になっています。

加納アキはドラマ後半「ガウディ計画」を推進する重要人物の一人で、続編(2018年)とあわせ、「下町ロケット」に欠かせないキャラクターとして活躍しました。

TBS日曜劇場はこの「下町ロケット」以来の出演となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑