ドラマ「ハコヅメ」第3話 女子高生・清水彩菜 子役出身の女優・畑芽育が演じる

日本テレビ系ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」第3話、第4話に女子高生・清水彩菜役で出演する女優・畑芽育(はた・めい)についてまとめます。

スポンサーリンク

目次

痴漢被害?女子高生・彩菜

「ハコヅメ」第3話では、痴漢被害にあったという女子高生を川合(永野芽郁)がはじめて一人で聴取。「知らない男にへんなことをされた」と話す女子高生・彩菜(畑芽育)は、落ち着いた様子で川合の聴取に応じる姿勢を見せ、聴取は上手くいったように見えました。

しかし後日。この事案は当初の目論見とは違う方向に展開していきます。「なんで気付いてあげられなかったんだろう…」と後悔しきりの川合をよそに、事態は予期せぬ展開を見せて…。

子役出身の女優・畑芽育

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

畑芽育(@mei_hata_official)がシェアした投稿

 

 

女子高生・清水彩菜を演じているのは、東京都出身の19歳の女優・畑芽育(はた・めい)です。

1歳にして芸能活動を開始し、「気が付いたときには、もう仕事をしていた」という畑芽育。小学生だった2014年には、現在は女優として活躍している石井萌々果らとともにアイドルユニット「Pocchimo(ポッチモ)」を結成。

一方で次第に演技の面白さにものめり込んでいくと、レッスンやオーディションを意欲的に受けるようになっていき、女優として本格的に活動を始めています。

「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズ(2016年〜・TBS・佐田かすみ役)、「あなたには帰る家がある」(2018年・TBS・宮越結衣役)、「都立水商! 〜令和〜」(2019年・MBS・矢吹明日香役)などの連続ドラマへの出演を経験すると、2020年には「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日)で主要キャラクターの一人「ロリ」こと百井咲久役を好演。

同年のドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(MBS)では主人公の親友・須藤百々子役、2021年のドラマ「ざんねんないきもの事典」(テレビ東京)では森山美音役、2021年6月に公開された実写映画「ショコラの魔法」では水無月花音役を演じるなど、女優として着実に経験を重ねています。

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

畑芽育(@mei_hata_official)がシェアした投稿

 

 

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる