5月29日の「花子とアン・あさイチの受け」有働アナが嘉納伝助派を宣言

スポンサードリンク

この記事では5月29日分の「あさイチの受け」でのやりとりをまとめます。

九州の石炭王・嘉納伝助(吉田鋼太郎)が妻・葉山蓮子(仲間由紀恵)に対して心ない言葉を吐き出す場面が放送されましたが、意外にもこれを受けての「あさイチの受け」で、有働アナは「わたしは嘉納派です」と宣言をしていました。

伝助の暴言に対し、蓮子は涙が出てくるが…

空回りする事業の資金繰りのため、伝助に金を無心に来た蓮子の兄・晶貴(飯田基祐)。「なぜ貴方が尻拭いをなさるんです!」と伝助をなじる蓮子に対し、伝助は「お前の為に払う金と思うたら惜しい事は無い!」と言い切ります。

何でも金で解決しようとする伝助に「お金、お金お金!貴方はいつもそうです。わたしは芸者ではありません!」と蓮子は反発。これに対し伝助は「ぬふふふはは!なんをいいよるとか!こげな高い芸者がおるか!ははははは」と心ない言葉を吐き捨てます。

さぞや伝助批判が噴出するかと思われたこの日の「あさイチの受け」ですが、意外にも有働由美子アナウンサーは伝助の「ある言葉」に心を撃ち抜かれてしまったようです。

5月29日「あさイチの受け」の会話まとめ

有働 今日私がいちばん(心に)刺さったのは、嘉納様の「おまえのために払う金はひとつも惜しくない」って言葉。
井ノ原 こんな高い芸者がいるかと…

井ノ原快彦(V6)は伝助の横柄な態度に若干引き気味でしたが、有働アナは気にせずに続けます。

有働 もうすごい…あれだけで、わたしは嘉納派です!(スタジオで笑いが起きる)
井ノ原 とにかく金をくれと…笑
有働 いやいや、そういうことじゃなくて!
井ノ原 でも、女子にはあれはビシビシ来てた?
有働 来てましたよ!全員、女子が。ね、城之内さん?

ここでゲストの城之内早苗に話題を振りますが、城之内は冷静。

城之内 はい!?…でも、そんなにふたり、真面目に見てなかったでしょ笑?
井ノ原 なにいってんですか!真面目に見てましたよ笑
城之内 普段は真面目に語っている感じでしたけど、(ドラマ放映中は色々ああだこうだ喋っていて)違いましたよね?
金子(貴俊) いやいや、それぐらい好きってことですよ笑(フォロー)

「花子とアン」開始以来、一貫して幼馴染みの朝市(窪田正孝)派を自認してきた有働アナ。前作「ごちそうさん」でも、途中で贔屓の男性キャラクターを西門悠太郎(東出昌大)から泉源太(和田正人)に鞍替えした実績がある有働アナのこと。今後も様々な登場キャラクターに移り気になるかも知れません。

「あさイチの受け」関連記事
失敗続きの教師・はなをかばう優しい朝市に「あさイチの受け」有働アナも感激
葉山蓮子がふじに泣きつく場面で有働由美子アナに涙【5月9日・あさイチの受け】
花子とアン「あさイチの受け」富山先生の恋愛名言に有働アナと室井佑月が反応【5月7日】

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑