醍醐亜矢子の結婚相手は吉太郎?武?「花子とアン」第20週より

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」第20週(8月11日〜16日)放送より。

可愛くて性格も良いはずの醍醐亜矢子(高梨臨)がずっと独身であることが不思議でしたが、ようやく醍醐さんにも仲睦まじい相手が出来るようです。

第20週の後半では醍醐さんとその「お相手」が、仲睦まじくかよ(黒木華)の店「タイム」にやって来る場面が登場します。さて、そのお相手とは…?

早々と結婚するはずが…なぜか仕事に没頭する醍醐さん

世の抑圧されている女性の解放のために宮本蓮子(仲間由紀恵)の半生を取材し、作品として書き続けている醍醐さん。ようやく人生の柱となる「生き方」を見い出した醍醐さんですが、気がつけば独身のまま30歳を超えています。

学生時代は方々で恋を探しまわっていた「肉食系」の醍醐さんですが、運命の出会いというのは必要な時期に「必然」としてやってくるのでしょうか。ここのところ、ある男性とすっかり仲良しになっています。

醍醐さんの恋のお相手は、近い場所に居た

その男性とは、花子(吉高由里子)の実兄・安東吉太郎(賀来賢人)。

もともと醍醐さんと吉太郎は村岡家で度々顔を合わせる仲ではありましたが、それほど親密な関係ではありませんでした。

しかし、やんちゃ盛りの村岡家の長男・歩をあやす吉太郎の姿を見て、醍醐さんは感心しきり。急速に異性として意識し始めるようです。吉太郎もまた、醍醐さんの作って来たお弁当の味に感激してしまうのでした。

そもそも学生時代から花子のことが大好きでたまらなかった醍醐さんにとって、花子と同じ血を引く吉太郎に惹かれていくのは当然の流れなのかも知れません。

武が醍醐さんにプロポーズ 驚いた吉太郎は…

その後、すっかり仲良しとなった醍醐さんと吉太郎ですが、二人の距離を決定的に縮める出来事がなかなか起こりません。もどかしい二人の関係に、周囲の人々はワイドショー的にヤキモキしておりました。

そこで、花子と蓮子が一計を案じます。徳丸武(矢本悠馬)を駆り出し、吉太郎の目の前でプロポーズ(ドッキリ)させたのです。突然の恋敵の登場に、吉太郎は驚いて…。

大好きな花子に近づく醍醐さん

吉太郎と醍醐さんの恋が実れば、醍醐さんは戸籍上、花子の義理の姉ということになります。学生時代から花子が大好きで何かと尽くして来た醍醐さん(ただし報われず)が、思わぬ形で花子と「急接近」しそうです。

関連記事
醍醐亜矢子と吉太郎がついに結婚?終戦後、再会する二人(ネタバレあり)
「花子とアン」登場人物のパルピテーション・恋愛相関関係まとめ
「花子とアン」醍醐さん・かよ・朝市・吉太郎の結婚相手、恋の行方は?
【花子とアン】醍醐さんが作家デビュー?蓮子の半生を作品化するためにとった行動とは…
醍醐さんの友情が報われた!大好きなはなにヤキモチの過去を告白
高梨臨(花子とアン・醍醐さん)略歴まとめ マイナーアイドルから本格女優へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑