「花子とアン」第9週・週間平均視聴率は23.0% 5月26日には24.8%の最高タイ視聴率を記録

スポンサードリンク

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」の第9週目(5月26日〜31日放送分)の週間平均視聴率が判明しました。

9週連続で21%越え

ビデオリサーチ社の調べによると、関東地区での第9週目の週間平均視聴率は23.0%。これで「花子とアン」の週間平均視聴率は放送開始から9週連続で21%越え。好調を維持しています。

はなのお見合い、吉太郎の入営

第9週のタイトルは「はな、お見合いする」。

ヒロインの安東はな(吉高由里子)が甲府の大地主の息子・望月啓太郎(川岡大次郎)とお見合いをし、葉山蓮子(仲間由紀恵)が夫・嘉納伝助(吉田鋼太郎)とのすれ違いからサロン活動に明け暮れ始め、安東家の長男・吉太郎(賀来賢人)が軍隊への入営をする、という大まかに分けて三つのストーリーが繰り広げられました。

特に週始め、望月啓太郎との見合いのシーンが放送された5月26日(月)放送では、過去最高タイとなる平均視聴率24.8%(5月9日にも24.8%を記録)を記録しました。

「花子とアン」第1週からの平均視聴率まとめ

以下、第一週からの週間平均視聴率をまとめておきます。

第1週「花子と呼んでくりょう!」 21.6%
第2週「エーゴってなんずら?」 21.5% ↓
第3週「初恋パルピテーション!」 22.0% ↑
第4週「嵐を呼ぶ編入生」 21.9% ↓
第5週「波乱の大文学会」 21.9% →
第6週「腹心の友」 23.1% ↑
第7週「さらば修和女学校」 21.9% ↓
第8週「想像のツバサ?」 22.6% ↑
第9週「はな、お見合いする」 23.0% ↑

もも・朝市の恋心が描かれる第10週

第10週「乙女よ、大志を抱け!」では、安東家の末娘・もも(土屋太鳳)の見合い話と、それに端を発した木場朝市(窪田正孝)の告白が放送される予定。今後も好調を維持しそうです。

関連記事
「花子とアン」最高視聴率25.0%を記録 第1〜13週・週間視聴率推移まとめも
「花子とアン」6週目は23.1% 週間平均視聴率の最高を記録 葉山蓮子の望まぬ結婚に注目集まる
「花子とアン」第4週平均視聴率は21.9% 「ごちそうさん」に匹敵する推移
「花子とアン」第3週平均視聴率は22.0%に上昇 ヒロイン・吉高由里子登場で加速か
「花子とアン」の第1話視聴率は21.8%、第1週平均は21.6% 山田望叶で好スタート

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑