ドラマ「ひきこもり先生」上嶋の娘・ゆい 子役・湯本柚子と女優・吉田美佳子が演じる

NHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」で、主人公・上嶋陽平の娘・ゆい役を演じている子役の湯本柚子と女優の吉田美佳子についてまとめます。

スポンサーリンク

目次

お父さんが大好きだった娘・ゆい

38歳から11年間のひきこもり生活を経験した主人公・上嶋陽平(佐藤二朗)。3年前にようやく外に出られるようになり、現在は焼き鳥屋と中学校の非常勤講師という二足のわらじを履きながら、社会復帰の途上です。

上嶋には生き別れになってしまった愛娘・ゆい(湯本柚子/吉田美佳子)がいます。幼少期のゆいは、お父さんのことが大好きでとても良く懐いていました。しかし、心身のバランスを崩してしまった当時の上嶋は、ゆいに対して辛く当たってしまい、結果、家族はバラバラになってしまっています。

第1話、2話では少女時代のゆいと上嶋の関係性が回想シーンとして描かれていましたが、第3話では女子高生に成長したゆいが登場。ゆいは、上嶋が非常勤講師となったWEBニュースを見て焼き鳥屋の前までやって来ますが、父と再会する勇気が出ずに立ち去ってしまい…。

少女時代のゆいは子役の湯本柚子

ゆいの少女時代(回想シーン)を演じているのは、「スペースクラフト(ジュニア部)」というキッズタレント事務所に所属する子役・湯本柚子です。

これまで、TBS日曜劇場「テセウスの船」(2020年)で除草剤を誤飲して亡くなってしまう少女・三島千夏役を演じたほか、テレビ東京ドラマスペシャル「記憶捜査~新宿東署事件ファイル」(2020年)でも蒔田優子(幼少期役)で出演をしています。

▼「テセウスの船」主演・竹内涼真とのほっこりする動画。

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

TBS日曜劇場「テセウスの船」公式(@theseus_tbs)がシェアした投稿

 

 


女子高生・ゆいは女優の吉田美佳子

第3話から登場した女子高生のゆいは、「スモールポート」という事務所に所属する22歳の女優・吉田美佳子(よしだ・みかこ)が演じています。


これまで、映画「罪の余白」で亡くなってしまう主人公の娘・安藤加奈役を演じたほか、NHKドラマ「特撮ガガガ」(2019年)では、ローカルアイドル・ビーボーイズを追うヲタ仲間・みやびさんこと宮根奈津貴役で出演。日本テレビドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(2020年)にも出演をしています。

また、舞台「つか版・忠臣蔵~ 大願成就討ち入り篇~」「AZUMI 幕末篇」「リボンの騎士 – 県立鷲尾高校演劇部奮闘記2018-」「フラガール-dance for smile-」などにも出演。趣味・特技は合気柔術、フラダンス、バドミントンであり、身体を使った表現に長けている女優さんです。

NHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」主な出演者・キャスト 登場人物まとめ

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる